通貨解説

1/4ページ
  • 2019.10.12

Bittrent(BTT/ビットトレント)の特徴と詳細を徹底解説|ファイル共有からエンターテイメントまで幅広くカバーする新たな経済圏を

ビットトレント(BitTrent)とは、分散型ファイル共有アプリケーションの名称であり、その中で取引されるトークンをBTTと言います。ビットトレント自体の歴史は古く、2001年にアメリカのプログラマー、ブラム・コーエンによって開発されました。ビットトレントは、それまでファイル共有の主流であった一極集中型とは対照的な、ピアツーピアの概念を取り入れた共有ルール(プロトコル)によりファイル共有を実現しま […]

  • 2019.03.29

KIN(KIN/キン)の特徴と詳細解説 |人気アプリケーション「Kik」運営会社発行の注目通貨

KIN(キン)という仮想通貨をご存知でしょうか? 2017年にカナダで生まれたアルトコインで、今後注目の仮想通貨の1つです。 本記事では、KIN(キン)についての情報を詳しくご紹介したいと思います。 KIN(キン)チャート KIN(キン)の概要 冒頭でも述べましたが、KINとは仮想通貨アルトコインの一種で2017年9月にカナダ発のKik Interactive社により発行されました。 Kik In […]

  • 2019.03.22

Qtum(QTUM/クアンタム)の特徴と詳細を徹底解説|モバイルでの使用を念頭に置いた先見性ありの通貨

ビットコインとイーサリアムは、最も成功している仮想通貨であるといえます。この2つの通貨がもつ技術を組み合わせたらもっとすばらしい通貨が生まれるのではないでしょうか。 クアンタムは、ビットコインのUTXO技術と、イーサリアムのスマートコントラクト技術を併せ持った次世代の仮想通貨です。 若き天才技術者Patrik Dai(パトリック・ダイ)氏が開発し、モバイルでの使用を視野に入れている通貨クアンタムを […]

  • 2019.03.18

VeChain(VET/ヴィチェーン)の特徴と詳細を徹底解説|導入する企業が続出!ブランドを守る有望通貨

ヴィチェーン(Vechain)は、流通やエネルギーなどのインフラにコミットするプロジェクトです。 発足当初は、品物の真贋判定機能に注目が集まっていましたが、現在ではヴィチェーンネットワークによるエコシステム構築や、Dappsプラットフォームへ開発ビジョンが明確になってきました。 2018年には、多くの企業と提携、共同開発を開始しており、世界から注目されていることがうかがえます。 2018年6月には […]

  • 2019.03.17

Zcash(ZEC/ジーキャッシュ)の特徴と詳細を徹底解説|メンバーが豪華!?注目の匿名通貨

ジーキャッシュは、匿名性を重視した仮想通貨です。 仮想通貨にはさまざまな方法で匿名性を獲得していますが、ジーキャッシュは、古くから実績のある暗号化技術「ゼロ知識証明」により、高い匿名性を実現しています。 ジーキャッシュには、ビットコイン財団とイーサリアム創始者がアドバイザーとして関わっており、関連するプロジェクトも強力なベンチャーキャピタルからの投資を受けています。 匿名機能の必要性 仮想通貨は、 […]

  • 2019.03.16

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴を徹底解説|分散型の信念を貫いた本当のイーサリアム

イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分裂した通貨です。 IoT分野での利用を目指しており、イーサリウムから引き継いだスケーラビリティ性能を強化しています。 TheDAO事件において中央集権的な対策をとったイーサリアムに反発して誕生した通貨であり、分散型の信念を貫いた”本物のイーサリアム”とする見方もできます。 イーサリアムクラシックの基本情報・チャート TradingView提供によるETC […]

  • 2019.03.13

NEO(NEO/ネオ)の概要と特徴を徹底解説|2019年ゲームプラットフォームとして注目

NEOは、スマートコントラクトを実装し、Dappsプラットフォームとして利用される仮想通貨です。 機能面ではイーサリアムと似ていますが、NEOは、デジタル化した資産と個人情報の管理・運用にスマートコントラクトを活用する「スマートエコノミー」を前面に押し出しています。 また、開発に独自の言語が必要なイーサリアムと違い、NEOは、すでに広く使用されている複数の言語で開発できるよう設計されています。 ネ […]

  • 2019.03.09

Maker(MKR/メイカー)の特徴と詳細を徹底解説|仮想通貨を担保にしたステーブルコイン

メイカーは、ETHを担保にして、米ドルにペッグされた通貨DAIを発行するプラットフォームです。 DAIの発行は、入金されたETHに応じた数量のDAIを発行する、というスマートコントラクトが組み込まれたDappsで行われます。 入金したETHは、アクセスできないようロックがかかり、同額のDAIを支払う事でロックが解除されます。 MKRは、DAI発行時の手数料や、DAIの価格調整として使われます。 M […]

1 4