junsTW

1/2ページ
  • 2019.05.26

HarmonyのIEO迫る!Binanceで行われたIEOの上場後値動きを振り返り【まとめ】

2019年に入り空前のIEOブームが沸き起こり、多くの仮想通貨取引所で、取引所への上場を前提に取引所が仮想通貨の資金調達を手伝うIEOという形態の調達方法が加速しました。 その中でもBinanceでは、過去に7回自社のBinance Launchpadを通じてIEOを行い、その多くが投資家の期待通りかそれ以上の結果を達成しています。 本記事ではそんなBinanceのIEOについて2019年に行われ […]

  • 2019.05.23

Bitfinexが新たなIEOプラットフォームをローンチ

アメリカに拠点を起き仮想通貨取引所を運営しているBitfinexが新たにIEOプラットフォーム「Tokinex」をローンチしたことを公式アナウンスで発表した。 Tokinexでは、投資資格のあるユーザーに対して慎重に精査・検証されたトークンセールに参加することができるような設計になっています。セールに参加するためにはBlockpassのモバイルアプリからKYCを行い、個人のウォレットから資金を投資 […]

  • 2019.05.20

Bitfinexが巨額の資金調達を完了したLEOトークンを20日に上場

アメリカを拠点に仮想通貨取引所を運営するBitfinexが自社トークンを発行し10億円相当の資金調達を完了したUNUS SED KEO(LEO)トークンを2019年5月20日からBitfinexに上場させることを公式アナウンスしました。 トークンはBTC、USD、USDT、EOS、ETHの5種類の仮想通貨ペアで取引を行うことが可能になるとのことです。 LEOトークンは5月7日から11日にかけて、1 […]

  • 2019.05.20

金融庁が資金洗浄対策で仮想通貨交換業者に焦点を当てる

金融庁は2019年秋頃に来日するFATFの調査に備え、仮想通貨交換業者に焦点をあてマネロン対策を行っていくようです。 今回の調査では仮想通貨交換業者も調査の対象になるため、金融庁は特に対策作りを急務として行っているようです。 取引所の不正やハッキング被害 2018年は仮想通貨の規則策定の年と言われるほど、様々な規則や法律が各国で制定され、それとともにセキュリティー体制の向上、怪しい仮想通貨団体の撲 […]

  • 2019.05.19

Binanceの新たなIEO、Harmony (ONE)の詳細情報発表!

マルタ諸島を拠点に仮想通貨取引所を運営するBinanceは、Harmonyのトークンセールの詳細を公表し、日本時間2019年5月27日に開始することを公式発表した。 今回のIEOは前回と同じで抽選方式を採用しており、Binanceの以下の抽選ルールに基づき決定されます。 1.セール開始7日前からBNB保有額を計算し、其の残高の平均によって抽選チケットが付与される 2.チケットの請求期限が終了するま […]

  • 2019.05.19

米国証券取引委員会(SEC)はETFの決定を再び延期

暗号資産のインデックスファンドプロバイダBitwise Asset ManagementのビットコインETFに対する決定を再び延期することがSECによって5月14日に明らかにされました。 SECの委員会はこの件の利害関係者に対して広くパブリックコメントを求め、今回の問題及び提案に関する意見やデータなどの提出を呼びかけました。 これまでの流れ Bitwiseが2月最初にETFの申請を行った際SECは […]

  • 2019.05.12

フェイスブックが仮想通貨関連の広告規制を一部緩和

フェイスブックに仮想通貨関連の広告を表示する際、一部の関連広告の表示を緩和することを5月9日に公式発表しました。 フェイスブックは昨年6月より1年間、仮想通貨関連の広告を掲載する際は事前にプロダクトの内容に関してファイスブックに掲載の申請を行い、承認を得るプロセスを行う必要がありました。 しかし、5月9日を境にブロックチェーンに関連するニュースや教育的コンテンツ、イベンントの告知などの掲載に関して […]