COIN VISION

1/13ページ
  • 2019.12.04

新トークン「ARCS」誕生。個人の価値、アイデアがトークン化できる社会へ

新トークンARCSで人の価値を可視化・トークン化するプラットフォームが生まれる。すべての人がデータの主権を持ち、管理できる社会に。 IFA株式会社(代表取締役 : 水倉仁志)は、ブロックチェーン技術を用いたトークン「ARCS」(ティッカーシンボル「ARX」)を開発しました。ARCS を用いたプロダクトプラットフォーム「AIre」では人が持つあらゆる価値をトークン化し、交換・換金・依頼・購入などを可 […]

  • 2019.10.13

仮想通貨リブラCo-creator「良いニュースではないが、ある意味の解放(=liberating)である」

リブラのCo-Creatorデイビッド・マーカス氏は、リブラプロジェクトからVISAとMasterCardが脱退したことに関して、「短期的には良いニュースではないが、ある意味での解放(=liberating)である」とツイートを残しました。 I would caution against reading the fate of Libra into this update. Of course, […]

  • 2019.10.12

Bittrent(BTT/ビットトレント)の特徴と詳細を徹底解説|ファイル共有からエンターテイメントまで幅広くカバーする新たな経済圏を

ビットトレント(BitTrent)とは、分散型ファイル共有アプリケーションの名称であり、その中で取引されるトークンをBTTと言います。ビットトレント自体の歴史は古く、2001年にアメリカのプログラマー、ブラム・コーエンによって開発されました。ビットトレントは、それまでファイル共有の主流であった一極集中型とは対照的な、ピアツーピアの概念を取り入れた共有ルール(プロトコル)によりファイル共有を実現しま […]

  • 2019.10.12

SECがテレグラムICOを違法と発表、Kik,BlockOne訴訟との相違点

米国証券取引委員会SECは、テレグラムが行ったICOが証券法違反であるとして、独自トークンGRAMの配布停止を申し立てました(→SECプレスリリース)。SECは、Kik社,BlockONE社が行ったICOに対しても違法を申し立てており、Kik社はメッセンジャーアプリKikを閉鎖する事態になりました。 調達額17億ドルICOに米国人39人が参加 SECの発表によると、テレグラムが行ったICOは、独自 […]

  • 2019.10.03

「NEXTMONEY TOKYO 2019-ブロックチェーン万博-」参加レポート

2019年9月28日、仮想通貨メディアNEXTMONEYが主催する「NEXTMONEY TOKYO 2019-ブロックチェーン万博-」が開催されました。国内外のブロックチェーンプロジェクト・メディアが多数参加しており、会場は多くのブロックチェーン愛好家で賑わっていました。本稿では、イベント前半でおこなれたプロジェクトピッチについてお伝えします。 プロジェクトピッチ Klaytn(クレイトン)  ス […]

  • 2019.09.30

ピーター・ブラント「BTC価格は来年の2月に5500ドルの底を打つ」

ベテランのテクニカルアナリストであり、その発言が多くのメディアに取り上げられるほど強い影響力を持つピーター・ブラント氏は、下落傾向のビットコインの価格について「来年の2月に底を打つ」と推測しています。 Chris, just a wild guess, but I think BTC bottoms at $5500 next Feb and then begins a bull move to […]

1 13