新トークンARCSで人の価値を可" />

新トークン「ARCS」誕生。個人の価値、アイデアがトークン化できる社会へ

新トークン「ARCS」誕生。個人の価値、アイデアがトークン化できる社会へ
新トークンARCSで人の価値を可視化・トークン化するプラットフォームが生まれる。すべての人がデータの主権を持ち、管理できる社会に。

IFA株式会社(代表取締役 : 水倉仁志)は、ブロックチェーン技術を用いたトークン「ARCS」(ティッカーシンボル「ARX」)を開発しました。ARCS を用いたプロダクトプラットフォーム「AIre」では人が持つあらゆる価値をトークン化し、交換・換金・依頼・購入などを可能にします。

個人の価値をトークン化、すべての人にデータの主権を与える

ブロックチェーンを利用したプロダクトやサービスを提供するIFA社は、新たにブロックチェーン※1技術を用いたトークン「ARCS」を開発しました。ARCSを活用することで提供されるプロダクトプラットフォーム「AIre」では、人が持つあらゆる価値を可視化し、トークン化※2します。

※1ブロックチェーンとは非中央集権的に取引履歴(トランザクション)を記録するための技術。特定の管理者や発行元が存在せず、取引履歴は利用者同士が監視・管理するため、不正取引やデータの改ざんを行うのが困難。
※2ブロックチェーン技術を用いて発行されるトークンは、インターネット上で取引できる暗号資産の一種。株式やポイントカードのように、商品やサービスの対価として使う事も将来的には可能だと考えられています。企業や個人問わず、誰でも簡単に発行できますが、トークンを使えるのは発行した人や企業がサービス展開する範囲内だけです。

これまでは、個人が持つ価値・アイデアなどの無形物を明確にすることが難しく、企業優位の構造になりがちでした。こうした個人の価値をトークン化することで、交換・換金・依頼・購入などが自由に行えるようになり、すべての人がデータに対する主権を持てるようになります。

プラットフォーム「AIre」において、主に下記の⽤途でARCSが利⽤される予定です。

  1. ユーザがAIreに情報を⼊⼒した際のインセンティブ
  2. 企業がAIreを利⽤する際の決済⼿段
  3. 企業がAIreからユーザ情報を取得した際の該当ユーザへの還元
  4. 企業がAIreから取得したユーザ情報を⽤いて開発・運営するサービスの決済⼿段

AIreの中にはさまざまな企業やサービスを利用したユーザ情報が蓄積されます。たとえば店舗でクレジットカードを作った際や、会員になった際などです。こうした蓄積されたデータは、企業にとってもユーザにとっても価値になります。企業はAIreから得られる豊富な情報を活⽤して魅⼒的なサービスを開発し、その決済⼿段としてARCSが利⽤できます。情報を提供したユーザには、将来的にその対価としてインセンティブ(暗号資産、トークン)を渡す予定です。

また、ARCSを担保にしたステーブルコイン(価格が安定した仮想通貨)の発⾏も計画しています。暗号資産取引所で取引されるARCSは、需要と供給に応じて価格が変動します。そのためAIreを利⽤するためにARCSで決済を⾏う企業は、決済タイミングでデータの価格が変化して不便が強いられることになります。ステーブルコインを発⾏し、AIre内での決済通貨をそのステーブルコインに変更することで、こうした不便を解消できます。

また、ARCSの暗号資産取引所「KuCoin」への上場公式アナウンスが2019年12月3日17時に行われました。(上場は同日19時)ティッカーシンボル「ARX」として、まずはUSDT(Tether)を通貨ペアとして取引されます。

下記関連url一覧

ARCS日本語コミュニティ

ARCS日本語コミュニティ(Telegram) https://t.me/ARCS_ARX_JP

ARCS日本語コミュニティ(Twitter)  https://twitter.com/ARCS_ARX_JP

AIre Project 公式サイト

AIre Project Official Page https://www.aire-pjt.com/

AIre Project 公式Twitter

AIre Project Twitter https://twitter.com/AIre_project

AIre VOICE公式サイト

AIre VOICE(AIre 1st Product) https://aire-voice.com/

AIre VOICE公式Twitter

AIre VOICE Twitter https://twitter.com/AIreVOICE

IFA株式会社について

商 号:IFA株式会社

代表者:代表取締役CEO 水倉 仁志

所在地:東京都新宿区西新宿二丁目6番1号新宿住友ビル15階

設 立:2014年10月1日

事業内容:インターネット関連業務

資本金:5億4,350万8,080円(資本準備金含む)

概要:私たちIFA株式会社が開発、運営を行う次世代型銀行プラットフォームAIre(アイレ)では、すべての人が「自分の情報」に対して主権を持つ世界の実現を目指しています。

それは従来の中央集権的な資産や情報管理社会ではなく、ユーザーが作り上げる新基準が規範となる非中央集権的な社会であり、そのためにDLT(分散型台帳技術)を活用していきます。

複雑な技術をより身近なものにするための技術アプローチや、国内外を問わず、企業や地域との連携を深めて行う方針でありパートナーシップは多種多様の展開を想定しています。

私たちは、より良い未来に向けてAIre(アイレ)プロジェクトを展開します。

IFA株式会社URL :https://ifa-aire.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先

IFA株式会社 IRグループ

E-mail:ir@ifa-aire.co.jp

Tel:03-5909-5335

この記事はプレスリリースです。COIN VISION(コインビジョン)は、本ページにおけるいかなる内容、その正確性、完全性、有用性、安全性等、その他の題材についても、それを支持するものではなく一切保証するものではありません。読者の皆様は、本ページに関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、必ずご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願い致します。

プレスリリースカテゴリの最新記事