カナダのブリティッシュ・コロンビ" />

カナダ証券取引員会が仮想通貨取引所アインシュタインを閉鎖し捜査へ!

カナダ証券取引員会が仮想通貨取引所アインシュタインを閉鎖し捜査へ!

カナダのブリティッシュ・コロンビア証券取引委員会(BCSC)が、バンクーバーを拠点とした仮想通貨取引所アインシュタインを閉鎖したと発表しました。

アインシュタインでは、顧客資産を不正利用した疑いが持たれています。

仮想通貨取引所アインシュタイン閉鎖までの経緯

仮想通貨取引所アインシュタインが閉鎖された理由としては、BCSCにアインシュタインを利用している顧客から「自身の資産にアクセス出来ない」といった問い合わせが多数寄せられたことによります。

BCSCではアインシュタイン取引所で顧客資産の不正利用を行なっていた疑いが高いと判断し、今回の取引所閉鎖および資産の差し押さえを行なったと発表されています。

不正利用された と考えられている顧客資産は1,630万カナダドル(約13億円)にものぼります。

アインシュタインの代理人は、30日から60日以内に取引所を閉鎖する予定であると発言しています。

BCSCの調査内容

BCSCの調査によると、不正利用された顧客資産1,630万カナダドルのうち、1,100万円分が仮想通貨となり、残りが現金で利用されていたことが報告されています。

BCSCではアインシュタイン取引所のオフィスにも訪問しているようですが、全フロアでエレベータがロックされ、電話番号も繋がらなくなっているということです。

BCSCについて

BCSCは、証券法を通じて市場を規制する独立した州政府機関となります。

「公正で、国民の信頼を保証する証券市場」と「投資機会と資本へのアクセスを提供するダイナミックな証券業界」を目指し、公共利益の保護を促す役割を果たしています。

さいごに

本記事では、カナダのブリティッシュ・コロンビア証券委員会(BCSC)が仮想通貨取引所アインシュタインを閉鎖する方針について発表したニュースについてご紹介してきました。

取引所の顧客資産に関する問題はたびたび起きており、同じカナダの取引所としては「QuadrigaCX」がCEOの急死により、破産申請を行うことになったニュースは記憶に新しいところです。

徐々に仮想通貨業界全体でも規制制度が整いつつありますが、まだまだ不十分な部分が多いのも実状となっています。

ニュースカテゴリの最新記事