高レバレッジが人気の仮想通貨取引" />

仮想通貨取引所BitMEXからユーザーのメールアドレスが漏洩!

仮想通貨取引所BitMEXからユーザーのメールアドレスが漏洩!

高レバレッジが人気の仮想通貨取引所BitMEXからユーザーのメールアドレスが大量に流出する事件が発生しました。

ハッキング被害ではなく、ソフトウェアエラーによる配信ミスとされています。

BitMEXからのメールアドレス大量流出について

今回発生したBitMEXからのメールアドレス大量流出についてですが、ニュースレターを配信する際に本来であれば「BCC」に入れないといけないメールアドレス一覧を「TO」に設定してしまったことにより起きた事故と発表されています。

今回の誤動作に関してBitMEXは「ソフトウェアエラーによる結果」として起きたと説明しており、現在この問題は解決されていると伝えられています。

BitMEXは公式に謝罪と対策を行う説明文を掲載

BitMEXでは、今回の事故に関して公式で謝罪した上で、「早急に問題を解決し流出被害を受けたユーザーとは連絡を取り合う」と発表しています。

BitMEXからのメールは「support@bitmex.com」または「noreply@bitmex.com」からのみ送信されるため、連絡先リストへの追加のお願いとフィッシングメールへの注意喚起が合わせて発表されています。

また二段階認証(2FA)の設定についても必ず行なうよう協力を要請しています。

他取引所でもユーザーに向けた注意喚起を実施

今回のBitMEXの事故を受けて、「Binance」「OKEx」「Zaif」は自身の取引所ユーザーに対してメールアドレスの変更を促す注意喚起を発表しています。

現在までのところBitMEXから流出したメールアドレスを利用しての被害は確認されていませんが、今後の二次被害も考えられるためユーザーには事前対策のお願いが各取引所から通達されています。

さいごに

本記事では、仮想通貨取引所BitMEXでユーザーのメールアドレスが大量に流出する事故が発生したニュースについてご紹介しました。

BitMEXの公式ツイッターは今回の事故後、「ハックした」とツイート後「ビットコイン(BTC)を早く引き出せ」と何者かによって投稿される事件も起きており、問題が収束していないことが伺えます。

BitMEXではメールアドレスの変更を受け付けていないため、利用中のユーザーは「二段階認証」または「新規アカウント作成」などの対策を実施するようにしておきましょう。

 

ニュースカテゴリの最新記事