第13回全国人民代表大会 常務委" />

中国で「暗号法」が可決!習近平国家主席のブロックチェーン戦略発言も!

中国で「暗号法」が可決!習近平国家主席のブロックチェーン戦略発言も!

第13回全国人民代表大会 常務委員会の第14回会議において、「暗号法」が可決されました。

中国人民銀行が発行予定とされるデジタル通貨の発行に一歩近づいた形となります。

暗号法とは

暗号法は、「暗号技術に関するパスワードの適用と管理の標準化」「暗号技術を用いたビジネスの促進とセキュリティの確保」などを目的としたものとされています。

新しく採用された暗号化方式は「一般規則」「コアパスワード」「通常パスワード」「商用パスワード」「法的責任」「補足規則」に分かれており、5つの章と44の記事があります。

「コアパスワード」と「通常パスワード」は機密情報を保護するために使用され、「商用パスワード」は国家の秘密ではない情報を保護するために使用されると発表されています。

施行日は2020年1月1日が予定されています。

習近平国家主席のブロックチェーン戦略発言

習近平国家主席は、25日中国共産党の中央委員会政治局の研究会にて、「私たちは技術革新の突破口としてブロックチェーン技術に注力する必要がある。今後の方向性を定め、投資を増やし、テクノロジー開発のコア技術として取り組みを加速させる必要がある」と発言しました。

習近平国家主席は「ブロックチェーン技術の研究には優秀なチームの構築と人材育成が必要」とも述べており、中国が国際的なブロックチェーン技術における標準化やルール策定でも優位的な立場となると説明しています。

中央銀行発行のデジタル通貨も間も無くか?!

2019年8月には中国の中央銀行である中国人民銀行の高官が「デジタル通貨の準備は出来ている」との発言を行いました。

中国人民銀行の高官が「デジタル通貨の準備は出来ている」と発表

今回の「暗号法」可決や習近平国家主席の発言からも、中国人民銀行発行のデジタル通貨実現がいよいよ間近に迫ってきていることが期待されています。

さいごに

本記事では、中国で「暗号法」の可決・習近平国家主席のブロックチェーン戦略発言と、中央銀行発行のデジタル通貨に関連すると考えられるニュースをご紹介してきました。

今回の習近平国家主席の発言が報じられた直後からビットコイン(BTC)を筆頭に仮想通貨市場全体の値段が急騰しています。

中国国家規模でのブロックチェーン技術に対する積極的な意思表明となり、仮想通貨全体への期待上げとなった結果と推察出来ます。

ニュースカテゴリの最新記事