インターコンチネンタル取引所(I" />

Bakktがビットコイン先物のオプション取引開始を発表!

Bakktがビットコイン先物のオプション取引開始を発表!

インターコンチネンタル取引所(ICE)の仮想通貨子会社である「Bakkt」は、12月9日よりビットコイン先物を基にした規制に準拠したオプション取引を開始すると発表しました。

新サービスであるオプション取引は、ICE Futures U.S.に上場する予定であると報道されています。

ビットコイン先物オプション取引開始について

Bakktによると、顧客からのオプション契約の要望は以前より非常に多かったと説明されています。

「Bakkt Bitcoin Option契約は、現在提供されている現物決済のBakkt Monthly Bitcoin Futures契約に基づいており、機関投資家・顧客・投資家向けにビットコインという資産クラスを開発するための重要なステップとなる」とBakktの公式発表でも綴られています。

ビットコイン先物取引のオプション契約では、オプション取引の期日に先物契約で事前に決められた価格で売買が行われます。

ビットコイン先物オプションで提供される機能とは

新サービスのBakkt Bitcoin Option契約で提供される機能は以下の通りとなります。

  • 資本効率
  • 現金または現物決済
  • ヨーロピアンスタイルのオプション
  • 魅力的な料金
  • 幅広い流通と流動性
  • インスタントメッセージ
  • ブロック取引
  • オプション分析

Bakkt公式発表の「魅力的な料金」で説明されているように、ビットコイン先物オプション開始月に当たる2019年12月は手数料が無料で提供される予定です。

2020年1月以降はオプション契約あたり1.25ドル(1契約=1BTC)と非常にお求めやすい料金でサービス提供される予定です。

Bakkt現物決済ビットコイン先物取引の状況は?

2019年9月よりサービス提供が開始されているBakktのビットコイン先物取引ですが、約1ヶ月が経過した現在では徐々に利用者が増えてきているようです。

開始当初期待されていたほどのユーザーが参加していないとの報道も出ていましたが、10月23日のビットコイン価格急落時には590件もの契約がビットコイン先物取引であったことも報告されています。

さいごに

本記事では、Bakktがビットコイン先物取引のオプション取引サービス開始を発表したニュースについてご紹介してきました。

Bakktは開始前から非常に注目を集めていたビットコイン先物取引サービスで、オプション取引が開始されれば、より多くの機関投資家が参加してくることが見込まれています。

ニュースカテゴリの最新記事