アメリカの仮想通貨決済大手Bit" />

仮想通貨決済企業BitPayがリップルと提携 年内にXRPをサポートへ

仮想通貨決済企業BitPayがリップルと提携 年内にXRPをサポートへ

アメリカの仮想通貨決済大手BitPayが2019年末までにリップル(XRP)をサポート対象として追加することが発表されました。

BitPayの決済システムを導入している様々な販売店でリップル(XRP)を用いた決済が可能となります。

BitPayの仮想通貨及びステーブルコインのサポート状況

BitPayでは、これまでに2019年9月に発表されたばかりのイーサリアム(ETH)を加えて、6種類の仮想通貨とステーブルコインをサポートしてきました。

今回発表されたリップル(XRP)の対応が始まれば合計で7種類のデジタル通貨をサポートする形となります。

BitPayでサポートする仮想通貨及びステーブルコインは下記の通りです。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ジェミナイドル(GUSD)
  • USDコイン(USDC)
  • Paxos Standard Token(PAX)

BitPayを通した決済規模は世界中で拡大中

BitPayは世界中で2017年・2018年の2年連続で年間約10億ドル(約107億円)以上の支払い処理が行われたと報告をあげています。

BitPayによる決済を利用することが可能な販売店の中には、IT大手「Microsoft」やアメリカ最大手の通信企業「AT&T」、アルゼンチンを拠点とする南米のAmazonとも言われる「Mercado Libre」、アメリカのファンタジースポーツプロバイダー「FanDuel」などが名を連ねています。

リップル(XRP)は処理が早くコストを抑えられることが評判でスケーラビリティも高いため、BitPayがサポートを始めることにより、多くのユーザーに利用されることが期待されています。

さいごに

本記事では、アメリカの仮想通貨決済大手BitPayがリップル(XRP)のサポートを開始すると発表したニュースについてご紹介してきました。

リップル(XRP)のサポート開始に関しての具体的な日程は決まっていませんが、2019年内にはサポートを開始する予定とされています。

リップル社では、xRapidを中心に様々な企業との提携が発表されており、今後の益々の発展に期待が高まっています。

ニュースカテゴリの最新記事