ベテランのテクニカルアナリストで" />

ピーター・ブラント「BTC価格は来年の2月に5500ドルの底を打つ」

ピーター・ブラント「BTC価格は来年の2月に5500ドルの底を打つ」

ベテランのテクニカルアナリストであり、その発言が多くのメディアに取り上げられるほど強い影響力を持つピーター・ブラント氏は、下落傾向のビットコインの価格について「来年の2月に底を打つ」と推測しています。

ピーター・ブランド氏とは

1976年にコモディティトレーダーとして投資活動をスタートし、1980年にトレード企業Factorを創設、CEOとして現在まで在席しています。ピーター氏の著書「Trading Commodity Futures with Classical Chart Patterns」は、多くのトレーダーの教科書として人気があります。2011年には金融業界で影響力のある30人に選ばれています。

仮想通貨業界においては、2018年1月のバブル崩壊を予測したとして多くのメディアに取り上げられ、以降最も影響力のあるアナリストとして注目されています。ピーター氏は、ビットコインの上昇が放物線を描くことに着目しています。

ビットコインの現状と今後

今年の4月から7月にかけて順調に上昇していたビットコインですが、7月以降は9500~12000ドルの値幅を行き来しながら下落し、9月24に大きく値を下げ8000ドルとなっています。8000ドルは、4-7月の上昇時の調整値域で心理的サポートラインとして機能しています。

ピーター氏の推測「2月に5500ドルの底」の推測に従うと、来年の2月までにもう一度大きな下げ相場が訪れる可能性があります。しかし、彼の”放物線”理論に従えば、その後ビットコイン価格は二次関数的に上昇し、50000ドルに達することになります。

ピーター氏は、ビットコインが長期目線で上昇トレンドを示すことを強調しており、いずれ過去最高値更新することに異論はないようです。

 

要人の発言集カテゴリの最新記事