2019年9月19日、仮想通貨ビ" />

仮想通貨ウォレット「Zap」開発者が新サービス「Olympus」を発表

仮想通貨ウォレット「Zap」開発者が新サービス「Olympus」を発表

2019年9月19日、仮想通貨ビットコイン(BTC)用のウォレット「Zap(ザップ)」の開発者としてしられるJack Mallers(ジャック・マラーズ)氏がライトニングネットワークを利用し、法定通貨を利用してBTCを購入し少額決済を行うまでの一連の処理を数秒間で行えるサービス「Olympus(オリンパス)」のベータ版を発表しました。

アメリカ国内のユーザーを対象に数カ月以内の正式リリースを予定しているとのことです。

新サービスOlympusの狙い

開発者であるJack Mallers氏は「ビットコイン(BTC)を利用したことがないユーザーでも法定通貨でビットコインを購入し、即座に決済手段として少額決済(マイクロペイメント)を利用出来るサービスとなる」と発言しています。

これまでのライトニングネットワークを利用した少額決済では、決済までの手順が多く一般的なユーザーが利用するには少しハードルが高い印象がありましたが、今回ベータ版が公開されたサービス「Olympus」ではより多くのユーザーに簡単に利用してもらう狙いがあります。

Olympusのサービス概要

Olympusでは、ビットコイン(BTC)ウォレット「Zap」を含めた様々なウォレットから利用出来るサービスとして提供される予定です。

決済処理・ビットコインの送受信といったサービスが提供予定です。

またOlympusを利用する際のユーザー登録に関してですが、Zap利用者はあくまでオプション的な立ち位置での利用となるため、改めて本人確認などの作業は必要ないようです。

Olympusのみを利用する利用者はKYC(本人確認)や規約への同意などの作業が必要となります。

なお、今回提供されるビットコイン(BTC)の即時決済サービスは、ギフトカード購入サービスを提供している「Bitrefill(ビットリフィル)」が採用したことで注目を集めた「Turbo Channel(ターボチャンネル)」という技術を採用しています。

さいごに

本記事では、仮想通貨ウォレット「Zap」の開発者が提供する新サービス「Olympus」についてご紹介してきました。

ライトニングネットワークに関しては注目された技術ですが、少額決済までの手順が多すぎることが問題視されていたため、今回のサービスには一般ユーザーへの普及が非常に期待されています。

まずはアメリカ国内からということですが、正式リリースからの今後各国への展開に期待したいところです。

ニュースカテゴリの最新記事