アメリカのシカゴ・マーカンタイル" />

CMEが仮想通貨ビットコインのオプション取引を2020年に開始へ

CMEが仮想通貨ビットコインのオプション取引を2020年に開始へ

アメリカのシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が2020年の第一四半期(1月~3月)に仮想通貨ビットコイン(BTC)のオプション取引を開始することを発表しました。

CMEの発表では、米商品先物取引委員会(CFTC)が現在審査を行なっている最中とのことです。

CMEでのビットコイン(BTC)オプション取引開始について

CMEのTim McCourt氏は「BTC先物取引の顧客需要は根強いものとなっている。オプション取引を提供することで、ビットコイン(BTC)の価格リスクをヘッジするための手段になり得る。」と発言されています。

またオプション取引について、「機関投資家やプロの投資家が規制された環境でBTC現物市場へのエクスポージャーを管理し、ビットコイン先物取引のポジションをヘッジすることが出来るように設計されている。」とも発言されています。

CMEでサービス提供が開始される「オプション取引」とは

オプション取引とは、金融商品の取引方法の一種であり、今回の場合はビットコイン(BTC)が対象となりますが、あらかじめ定められた期日または期間内において、あらかじめ定められた価格での取引を行う取引方法を指します。

オプション取引は上手くコントロールすることで、様々な市場の局面に対しリスクをコントロールした上で安定した利益を得ることが出来る取引方法として、プロの投資家を中心に利用されています。

CMEのビットコイン先物は順調に展開中

CMEでは、今回のビットコインオプション取引に先立ちビットコイン先物取引のサービスを2017年12月よりスタートしています。

現在では1日平均およそ,7000取引(約35,000BTC)もの取引が行われており、順調な取引状況であることが伺えます。

さいごに

本記事では、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が2020年第一四半期を目処にビットコイン(BTC)オプション取引を開始することを発表したニュースについてご紹介してきました。

CMEの発表でも伝えられていますが、オプション取引サービスは長い間顧客からの要望が多かったこともあり、実際にサービスが開始されれば仮想通貨市場への大きな資金流入も十分に考えられます。

まずは、CFTCからの審査結果の追加情報を楽しみに待ちたいところです。

ニュースカテゴリの最新記事