仮想通貨を活用した投資アプリを提" />

フィリピンのセブンイレブンで仮想通貨の購入が可能に!

フィリピンのセブンイレブンで仮想通貨の購入が可能に!

仮想通貨を活用した投資アプリを提供しているアブラ(Abra)は、フィリピン国内で決済サービスを提供している「ECPay」と提携し、フィリピン全土のセブンイレブンで仮想通貨の購入が可能になるサービスを提供する予定と発表しました。

アブラ(Abra)が開始予定の仮想通貨サービスについて

アブラが発表した内容によりますと、フィリピン全土の小売店およそ6,000店舗を対象として、仮想通貨の販売サービスを開始します。

小売店の中には、約3,000店舗以上のセブンイレブンが含まれているそうです。

購入方法としては、Abra Walletのユーザーは「CLIQQアプリ」およびECPayの加盟店に設置されている「キオスク」を利用して、現金をWalletにチャージすることが可能となります。

なお、今回のサービスで入金可能な最低金額はPHP500(約1,000円)、1日の最高限度額は100,000(約200,000円)に設定されています。

購入する際には2%の手数料が必要となります。

Abra Walletで入金した金額を確認するには通常1~2営業日かかるとされています。

フィリピンでの仮想通貨の普及について

フィリピンでは海外への出稼ぎ者の数が多いこともあり、国際送金の需要が非常に高くなっています。

リップル社の提供するxRapidとフィリピンに特化した送金プラットフォーム「SendFriend」の提携でもブロックチェーンとの親和性が高いことが伺えます。

SendFriendがxRapidを導入したサービスをローンチ

また、2019年8月にはフィリピンの銀行がステーブルコインを発行し既に地方銀行との送金実験に成功しているニュースもお届けしてきました。

フィリピンの銀行ユニオンバンクがステーブルコインを公開

今回のアブラとECPayの提携により、銀行口座を介さずAbra Walletへの入金が可能となったことにより、フィリピン国内での更なる仮想通貨の普及が期待されています。

さいごに

本記事では、フィリピン全土のセブンイレブンで仮想通貨の購入が可能となるニュースについてご紹介してきました。

アブラでは、今回の仮想通貨サービス以外にいくつかの楽しみなニュースを間も無く公開出来ると公式発表に記載されています。

Abra Walletは日本国内でも提供されていることから、今後の展開には期待していきたいところです。

ニュースカテゴリの最新記事