2019年9月17日、LINEの" />

LINEの仮想通貨取引サービス「BITMAX」遂にローンチ!!

LINEの仮想通貨取引サービス「BITMAX」遂にローンチ!!

2019年9月17日、LINEのグループ会社であるLVCは、日本国内向け仮想通貨取引サービス「BITMAX」の提供を開始したと発表しました。

まずはAndroid版からのローンチとなり、iOS版に関しては「近日中に対応予定」と発表されています。

BITMAXでの取り扱い通貨について

BITMAXでは、以下の5種類の仮想通貨が取り扱われます。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)

なお、LINEのオリジナルトークンである「LINK(LN)」に関して、BITMAXでは取り扱い対象外となっております。

BITMAXでのセキュリティ対策について

BITMAXでは、LINEプラットフォームを設計、構築、運用してきた実績あるチームでセキュリティ環境を構築していると発表されています。

また仮想通貨ウォレットについても、世界最高水準の技術を提供するBitGo.incのウォレットを採用し、万全の体制を敷いていると公表されています。

BITMAXでは、お客様資産と自社の資産を明確に分別して管理し、取り扱う仮想通貨に対してはコールドウォレットでの管理を導入するなど徹底されたセキュリティ対策が行われているようです。

LINE Payとの連携で日本円の入出金が可能

BITMAXでは、LINE Payとの連携により日本円のスムーズな入出金が可能となっております。

まず、LINE Payを既に利用しており本人確認が済んでいるユーザーはBITMAXでの本人確認を短縮することが可能です。

また、BITMAXへの日本円の入金方法としては下記の2通りの方法が提供されています。

  • LINE Payからの入金
  • LINE Payで登録済みの銀行口座からの入金

LINEアプリからのアクセス、少額からの購入が可能

BITMAXではより多くのユーザーに利用してもらうため、LINEアプリ内の「LINE ウォレット」タブから仮想通貨取引が行える機能が提供されます。

また、1,000円以下という少額からの取引が可能となっているため、これまでに一度も仮想通貨取引を試したことのない方にも取り組みやすいシステムで提供されています。

さいごに

本記事では、LINEの仮想通貨取引サービス「BITMAX」が正式にローンチされたニュースについてご紹介してきました。

LINEは日本国内で絶大なシェア率を誇るアプリであり、仮想通貨業界としても新規ユーザーの獲得に非常に期待出来るニュースです。

より詳細な情報についてはLINEによる公式発表をご確認ください。

当メディアでは以前にもBITMAXに関する記事をご紹介しておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

金融庁がLINEのグループ会社LVCを仮想通貨交換業者に認可

 

ニュースカテゴリの最新記事