大手仮想通貨取引所バイナンスは9" />

仮想通貨取引所バイナンスUSを今後数週間以内に立ち上げへ

仮想通貨取引所バイナンスUSを今後数週間以内に立ち上げへ

大手仮想通貨取引所バイナンスは9月6日、米国版取引所となるバイナンスUSを「今後数週間以内に立ち上げる」と発表しました。

バイナンスUSを利用するためには、本人確認を必要とすることが今回の発表で明らかとなりました。

バイナンスUSでの本人確認について

今回の発表では、バイナンスUSが取引を開始する2,3日前を目処にKYC(本人確認手続き)を実施する旨が新たに発表となりました。

本人認証のためには、運転免許証やパスポートなど政府が発行する身分証明書となる物と社会保障番号(SSN)の2点を提出する必要があります。

また、バイナンスUSはサービス開始当初はウェブサイトのみを提供する形となり、将来的にモバイルアプリの提供も予定しているとのことです。

サービスを提供する州については検討中

バイナンスUSのサービス提供については、以前よりアメリカ国内のどの州が対象となるのか様々な憶測が出てきておりますが、今回の発表でも選考中との説明に終始しました。

The Blockでは、バイナンスUS及びパートナーシップを結んでいるBAM Trading Servicesの両企業ともにニューヨーク州が発行しているビットコインライセンスを取得していないことから、バイナンスUSのニューヨーク州でのサービス提供は行わないだろうと報道されています。

本家バイナンスの米国ユーザー利用停止日について

本家バイナンスでは9月12日より米国ユーザーの利用を制限することを発表しています。

バイナンスUSで取り扱う予定の仮想通貨一覧は8月時点で発表されていますが、9月12日の米国ユーザー利用停止に際し、米国ユーザーの保有している仮想通貨が売りに出される可能性も高く、市場にどのような影響が出るのかについては注意しておく必要があります。

Binance USが上場予定の仮想通貨30銘柄を発表

さいごに

本記事では、仮想通貨取引所バイナンスが米国版取引所バイナンスUSのサービス提供を数週間以内に実施すると発表したニュースについてご紹介してきました。

先月バイナンスのZhao Changpeng CEOは、バイナンスUSのリリースについて2ヶ月以内を予定していると発表していたため、予定通りに作業が進んでいることが伺えます。

バイナンスUSのリリースを2ヶ月以内に予定しているとバイナンスCEOが語る

まもなく本家バイナンスでの米国ユーザー利用制限が始まるため、これから数日間の関連通貨の市場状況からは目が離せません。

ニュースカテゴリの最新記事