仮想通貨IOTAの発行元であるI" />

IOTA財団とジャガーが提携し電気自動車の概念実証デモを実施へ

IOTA財団とジャガーが提携し電気自動車の概念実証デモを実施へ

仮想通貨IOTAの発行元であるIOTA財団は、イギリスの大手自動車メーカーであるジャガーランドローバー及びフランスのエネルギー・オペレータ研究開発機関であるENGIE Lab Crigenとの提携を発表しました。

IOTA財団とジャガー・ENGIE提携の目的

今回の発表では、電気自動車のエネルギー使用量などを分散型台帳技術(DLT)を用いて追跡する技術の概念実証デモ(PoC)を実施することが発表されています。

今回の概念実証デモでは、ジャガーの電気自動車「I-Pace」が利用されるとのことです。

実験場所としては、ノルウェー・トロンハイムの発電所ビルで実施されます。

ジャガー社のRussell Vickers氏は、今回の実証実験はエネルギーに配慮したスマートシティ実現に向けたものであることを強調しました。

電気自動車I-Paceについて

ジャガーの電気自動車「I-Pace」には仮想通貨IOTAに対応したスマートウォレットが搭載されています。

搭載されたスマートウォレットを利用し、道路状況・天候・交通量などに関するデータを報告することで仮想通貨IOTAを稼ぐことの出来る仕組みが提供されます。

獲得した仮想通貨IOTAは、通行料・駐車場代・充電代などの支払サービスで利用することが可能です。

もちろんスマートウォレットの機能はユーザーが任意でON/OFFを切り替えることが可能となっています。

また、搭載されるスマートウォレットには「グリーンチャージ」と呼ばれる機能を搭載しており、I-Paceの利用者は再生可能エネルギーを利用した充電を利用することとなるため、ジャガーの唱えるエコ対策にも適応していることがアピールされています。

さいごに

本記事では、IOTA財団とジャガー、ENGIEによる提携で、電気自動車の概念実証デモが行われるニュースについてご紹介してきました。

以前よりIOTA財団のDominik Schiner氏は、スマートウォレット技術は全ての新車に対し簡単に適用出来るとアピールしています。

今回のジャガー社による概念実証デモが成功すれば、一気に他の自動車メーカーにも普及する可能性を感じられ、これまでになかった新しい技術の登場となりそうです。

ニュースカテゴリの最新記事