Bakktのビットコイン先物9月23日開始で決定!!

Bakktのビットコイン先物9月23日開始で決定!!

アメリカの仮想通貨プラットフォームを提供するBakktは、ビットコイン先物取引とカストディ(資産保管)サービスを9月23日に開始すると公式発表しました。

2019年7月にビットコイン先物のテストが開始されており、まもなくのリリースになるのではないかと期待されていました。

今回の発表で正式にリリース日が確定した形となります。

今回のリリース日正式発表となった経緯

Bakktでは、ビットコイン先物取引とカストディサービスの提供を開始するために、米国の関連機関に手続きを行なっていることは以前より報告されていました。

一番の問題となっていたのは、正式にカストディアン(資産管理者)としてニューヨーク州の金融サービス局(NYDFS)に認められる必要があることでした。

今回Bakktの公式サイトには、米国先物取引委員会(CFTC)からの承認は既に受けていると明記されており、NYDFSの承認を持って正式にビットコイン先物取引とカストディサービスを開始することになったと発表されています。

公式発表後の市場の反応

Bakktによるビットコイン先物は、機関投資家などの参入が見込まれており以前より非常に期待されたサービスでした。

今回のリリース日発表後、前日比でおよそ3~4%の上昇を見せました。

急激な高騰とはなりませんでしたが、最近の低迷していた市場状況を見るとわずかに期待値が上がったのではないかと捉えることも可能です。

また、今回リリース日は判明しましたが実際に機関投資家などの資金が流入を始めるのは9月23日以降となります。

正式にリリースされた後、市場にどのような変化が現れるのか期待して待つことになりそうです。

さいごに

本記事では、アメリカの仮想通貨プラットフォームを提供しているBakktが、ビットコイン先物とカストディサービスのリリース日を正式に発表したニュースについてご紹介してきました。

Bakktにより提供されるビットコイン先物取引は「デイリー決済契約」と「マンスリー決済契約」の2種類が提供される予定です。

また、デイリー決済契約に関しては、レバレッジ取引も可能になるとされています。

レバレッジ取引の詳細情報については、現在までのところ公式発表はされていません。

ビットコイン先物テスト開始時に本メディアでもBakktに関する情報をまとめていますので合わせてご確認ください。

Bakktがビットコイン(BTC)先物のテストを開始

ニュースカテゴリの最新記事