英バークレイズが仮想通貨取引所Coinbaseとの提携を解消か

英バークレイズが仮想通貨取引所Coinbaseとの提携を解消か

イギリスの大手銀行の1つであるバークレイズが、米国大手仮想通貨取引所Coinbaseとの提携を解消したのではないかとの情報が入ってきました。

今回の情報は海外仮想通貨メディアCoinDeskが報じたもので、バークレイズとCoinbaseからの正式な発表はあがってきておりません。

バークレイズとCoinbaseの提携について

英バークレイズとCoinbaseの提携が開始されたのは、2018年3月からとなります。

英国内のCoinbaseユーザーは、銀行間即時決済システム(Faster Payment Scheme: FPS)を利用することが可能となり、英国の法定通貨ポンドの即時入出金が可能となっていました。

今回の提携解除が行われたとなりますと、このFPSシステムが利用出来なくなるため、即時入出金が不可となり、入出金作業に数時間〜数日の期間を要するようになります。

Coinbaseでは、FPSを利用した入出金が出来ない英国ユーザーへの対策として、取引手数料の割引を2019年8月15日までの期間実施しています。

Coinbaseの今後の対応について

Coinbaseでは、今回の契約解消に対する対処として、イギリスのスタートアップ企業Clearbankと契約しました。

Clearbankとの提携で、2019年の第3四半期末(9月頃まで)にFPSを復活させる準備をしているとの情報があがっています。

Clearbankは、英国内でチャレンジャーバンクとして期待されており、直近数年間で目まぐるしい成長を遂げている企業です。

さいごに

本記事では、イギリスの大手銀行バークレイズが米大手仮想通貨取引所Coinbaseとの提携を解除したのではないかとのニュースについてご紹介してきました。

Coinbaseでは2019年7月時点で、イギリスでのFPSサービスを一時的にストップさせるとの声明を出していましたが、バークレイズとの提携解除が報道されるのは今回が初めてとなります。

両企業が正式に発表したわけではありませんので、あくまで参考情報として認識してください。

詳細については、バークレイズおよびCoinbaseからの公式発表を待ちましょう。

ニュースカテゴリの最新記事