Binance USが上場予定の仮想通貨30銘柄を発表

仮想通貨取引所Binanceが、米国での取引所としてサービスを開始する「Binance US」で取り扱う予定の仮想通貨一覧を公開しました。

ビットコイン(BTC)をはじめとした期待の仮想通貨が多数ラインナップされています。

Binance USでの取り扱いコインについて

今回の発表では、ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・バイナンスコイン(BNB)などを含めた合計30種類の銘柄の上場を検討していると発表しました。

今回の発表で対象となった銘柄が全てBinance USに上場すると決まったわけではないようです。

※公開された全30銘柄についてはBinance公式をご覧ください。

Binanceでは今回のリストに挙げたコインを、米国での規制に遵守する形で「デジタル・リスク評価枠組み」を採用した上で検討を行うと発表しています。

Binance本家の米国ユーザー利用制限に関して

Binance本家では、米国ユーザーの利用を9月12日に制限すると発表しています。

しかし、Binance USの具体的なサービス開始日については未だ発表されておりません。

9月12日以降、米国ユーザーが大きく撤退する可能性も高いため、仮想通貨市場全体でも流動性が低下するのではないかとの不安もあがっております。

一方、今回のBinance US取り扱い予定リストの発表により、少なくともリストに掲載された仮想通貨に関しては、一時的な下落は見られるかもしれませんが、Binance USのサービス開始とともに流動性を取り戻すものと予想されます。

さいごに

本記事では、仮想通貨取引所Binanceのアメリカ版取引所Binance USが取り扱い予定のコインとして計30銘柄を発表したニュースについてご紹介しました。

今回のBinanceの発表では、残念ながらBinance USの正式なローンチ日は発表されませんでした。

しかし、先月にはBinance USのCEOとしてCatherine Coley氏を任命したことを発表しており、今回の発表では上場予定の仮想通貨を発表するなど、着々とサービス開始への準備が進んできているように受け取れます。

今後のBinance USに関する追加情報の発表を待ちましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る