米グレイスケールが30億ドルのデジタル資産をコインベース・カストディに移管

米グレイスケールが30億ドルのデジタル資産をコインベース・カストディに移管

仮想通貨の資産運用会社であるグレイスケールは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を含む仮想通貨30億ドル相当(約3200億円)をコインベース・カストディに移管するとの報道がありました。

1日でこれだけの巨額な仮想通貨が移管されるのは異例となります。

グレイスケールとは

グレイスケール社は、アメリカのニューヨーク州を拠点とする信託会社です。

主に機関投資家や適格投資家に向けた仮想通貨投資信託を取り扱う企業となります。

ウォール・ストリートジャーナルによりますと、2019年前半にビットコイン信託の成績が全てのファンドの中で最も良かった企業として選出されています。

グレイスケールが提供するビットコイン信託では、最低投資額として5万ドルが設定されており、最低1年間の保有が義務付けられています。

資金流入元としては、機関投資家を筆頭に、年金口座・ファミリーオフィス・適格投資家などから伝統的な投資信託と同様の手続きで購入されています。

コインベース・カストディについて

コインベース・カストディは米国最大規模の仮想通貨取引所コインベース傘下の機関投資家向け資産管理サービスです。

コインベース・カストディは、銀行と同等の信用基準を持っていると公表しており、アメリカ国内の銀行と同じレベルの受託基準が採用されているとのことです。

また、適用される保険に関しても仮想通貨業界の中で、最も幅広い範囲をカバーしており、金額についても高額に設定された保険が提供されています。

これらの安定した保証内容から米国内のみならず、アメリカ国外を含めたおよそ90社以上の企業がコインベース・カストディを利用しています。

さいごに

本記事では、アメリカの仮想通貨投資信託会社であるグレイスケールが、30億ドル相当の仮想通貨をコインベース・カストディに移管するニュースについてご紹介してきました。

コインベース・カストディはこれまでも順調に顧客を増やしており、今回のグレイスケールからの高額のデジタル資産移管により、機関投資家からの注目がますます高まることが予想されます。

グレイスケールの発表では、投資家の3分の1がビットコイン(BTC)への投資に興味を持っているとされ、今後の米国仮想通貨業界の動向に注目してきたいニュースとなりそうです。

ニュースカテゴリの最新記事