フィリピンの銀行ユニオンバンクがステーブルコインを公開

フィリピンの銀行ユニオンバンクがステーブルコインを公開

フィリピンの大手銀行であるユニオンバンクは、法定通貨フィリピンペソに裏付けされたステーブルコインとして、仮想通貨PHXを発行したとの発表がありました。

フィリピン国内の銀行で、仮想通貨を発行することは初の試みとなります。

仮想通貨PHXについて

今回発行される仮想通貨PHXは、発行元であるユニオンバンクが保有するフィリピンペソに裏付けされた仮想通貨となります。

ユニオンバンクのシニアバイスプレジデントであるArvie de Vera氏によりますと「PHXは安定した価値の保存や取引が可能で、透明性の高い取引や決済の自動執行が可能なトークンである。」と説明されています。

PHXはユニオンバンクの口座保有者全員に対して利用することが可能とされており、預金口座からの引き落としでPHXの購入が可能です。

またPHXを口座に入金することも可能で、フィリピンペソとの交換も可能だとされています。

今後の展望としてはPHXを、外部ウォレットやプラットフォームでも利用出来るように開発しており、フィリピン国内だけでなく海外での利用も視野に入れているとのことです。

3つの地方銀行との取引に成功

PHXを利用した取引は既に3つの地方銀行との間で実験済みであるとされています。

参加した地方銀行は、サミットルーラル銀行・プログレッシブ銀行・カンティラン銀行で、フィリピンの3つの大きなエリアとなるルソン島・ビサヤ諸島・ミンダナオ島の各銀行間で取引が成功していると発表されています。

これらの3銀行間での取引はユニオンバンクの決済システムである「i2i」上で行われたと報道されています。

実験では、PHXの購入・送金・償還処理・銀行間の国内送金と一連の処理について確認が行われました。

さいごに

本記事では、フィリピンの銀行ユニオンバンクが独自仮想通貨となるPHXを発行したニュースについてご紹介しました。

ユニオンバンクは、今回のPHX発行以前に「i2i」決済システムを利用して、フィリピンからシンガポールへのブロックチェーン技術を活用した国際送金テストにも成功しております。

以前のテストでは、法定通貨のフィリピンペソをトークン化しての国際送金となりましたが、今回の仮想通貨PHXの発行により、将来PHXを用いた国際送金が実現する日も近そうです。

 

ニュースカテゴリの最新記事