豪大学が仮想通貨で寄付出来る奨学金基金を発表

豪大学が仮想通貨で寄付出来る奨学金基金を発表

2019年7月23日、オーストラリアのCurtin University(カーティン大学)は仮想通貨で寄付出来る奨学金基金「仮想通貨PhD奨学金基金」を発表しました。

仮想通貨PhD奨学金基金について

今回発表されました仮想通貨PhD奨学金基金については、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)での寄付に対応しております。

カーティン大学の発表によりますと、寄付者が資金を提供出来る分野は下記の3つとされています。

  • ブロックチェーン
  • サイバーセキュリティ
  • データ分析

これらの3分野の博士課程を履修する学生に対して、仮想通貨での資金提供が可能となると発表されました。

また、寄付者は特定の分野を指定しての資金提供を行うことも可能だとされています。

寄付システムについて

カーテイン大学が実施する今回の寄付システムについては、学生ローンの支払い支援や教育機関向け支払いシステムの開発を行う「Nelnet International」と、ブロックチェーンを用いた分散型マーケットプレイスの開発を行う「Centrality」の共同で開発されたシステムを使用しています。

今回の寄付システムでは、寄付可能な仮想通貨であるビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)をリアルタイムで大学に直接寄付出来るシステムが組み込まれています。

また開発元のCentralityは、今後寄付システムの開発者向けツールキットを提供する予定と発表しており、学生や研究者が実際にDAppsなどの開発に利用できるようになる予定としています。

さいごに

本記事では、オーストラリアのカーティン大学で仮想通貨による寄付を可能とする奨学金基金が発表されたニュースについてご紹介してきました。

カーティン大学教授の発言として、寄付者の方には今回のシステムを利用して仮想通貨であげた利益を業界への還元として利用して欲しいと語っています。

また、今回の寄付システムが決済システムとして仮想通貨の普及に役立つはずだとも語られました。

今回のように、将来のブロックチェーンコミュニティ発展のために仮想通貨での支援システムが採用されるのは非常に喜ばしいことではないでしょうか。

今後の決済システムとしての普及にもぜひ期待していきたいところです。

ニュースカテゴリの最新記事