仮想通貨取引所Binanceがドージコイン(DOGE)上場を発表

大手仮想通貨取引所であるBinanceは7月5日にドージコイン(DOGE)の取り扱いを開始すると発表しました。

これに伴いDOGEの価格は急騰し、20%近くの上昇を見せています。

仮想通貨取引所Binanceによる発表内容

BinanceはDOGEの取り扱いについて、7月5日の21時(日本時間)より開始すると発表しました。

取引を開始するペアは下記の通りです。

  • DOGE/BNB
  • DOGE/BTC
  • DOGE/USDT
  • DOGE/PAX
  • DOGE/USDC

ユーザーは既に取引に備えたDOGEの入金が可能になっているとのことです。

今回のDOGEコインの上場については、上場手数料無料で行われたとも発表されました。

Binance上場を受けての市場の反応

Binanceに上場するニュースが流れた直後から、DOGEコインの価格が急騰し、わずか30分足らずの間に20%近くも価格が上昇しました。

Binance上場発表前は「0.33円前後」で取引されていたDOGEコインですが、上場発表後の現在は「0.44円前後」での取引となっています。

DOGEコインについて

DOGEコインは2013年にジョーク通貨として開発された仮想通貨です。

ADOBE SYSTEMS(アドビー)の製品開発責任者であるジャクソン・パルマーにより開発されました。

柴犬をモチーフとしたロゴが特徴で、コミュニティからも現在まで愛される人気の仮想通貨の一つです。

DOGEコインは日本の投資家にとって、海外の仮想通貨取引所を使用してマイナーなアルトコインを購入する際の基軸通貨としての役割が大きく、知名度も非常に高い仮想通貨です。

さいごに

本記事では、仮想通貨取引所Binanceがドージコイン(DOGE)の上場を発表したニュースについてご紹介してきました。

DOGEコインは仮想通貨の中でも、ジョークコインという異色の通貨ですが知名度や人気も十分にあり、2017年の12月には時価総額が10億ドルを超える仮想通貨となりました。

日本の投資家の中にもDOGEコインを保持したユーザーの方は多いため、今回の発表が嬉しいニュースとなった方も多いのではないでしょうか。

これからのDOGEコインの価格上昇に更に期待していきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る