Facebookの仮想通貨Libraに各国が警戒感

Facebookの仮想通貨Libraに各国が警戒感

先日ホワイトペーパーが発表されましたFacebookを主体に開発が進められている仮想通貨Libraに対して、各国から警戒感を示す声があがってきております。

Facebookの独自通貨Libraに対する懸念

Facebookの利用者は全世界で27億人にも及ぶとされており、独自通貨であるLIbraが浸透すれば既存の金融秩序を乱す恐れがあるとして、各国が警戒を示しています。

米議会では、「仮想通貨の開発中止に合意するようFacebookに求める」との声明を発表するなど、既に中止などを求める動きも見られます。

また、米連邦準備制度理事会のパウエル議長は仮想通貨全般に対して、「利点もあるがリスクもある」と高い水準での規制クリアを求める意向を示しています。

なぜ各国はBitcoinではなく、Libraを警戒するのか

仮想通貨界隈では、Bitcoin(BTC)やEthreum(ETH)が既に流通されており、仮想通貨の主流となっています。

しかし、各国の金融当局が未発行であるLibraを警戒しているのはなぜなのでしょうか?

この動きには、Bitcoin(BTC)やEthreum(ETH)には運営者がおらず、本源的な価値が明らかでないため、各国は規制をしつつも受け入れる態勢を取っていました。

Facebookが発行するLibraに関しては、契約で準備資産に対する請求権を規程しているため、他の仮想通貨に比べて「証券」や「私的紙幣」に近い性質を持つことになります。

こういった性質を持つことになると、流動性危機などのリスクに備えて金融当局による監督が必要になってきます。

またLibraは裏付け資産を持ち、価格が安定することが期待されており、Bitcoin(BTC)のような投機目的ではなく、実際に決済手段として用いられることが期待されます。

約27億人のアクティブユーザーを抱えるFacebookのLibraが決済手段の主流になれば、米ドル・欧州のユーロ・中国の人民元などを超える経済圏が生まれる可能性も否定できません。

さいごに

本記事では、Facebookの仮想通貨Libraに対しての各国が示す警戒感についてご紹介してきました。

Libraは未だ発行前の段階にも関わらず仮想通貨界隈のニュースを日々賑わせています。

これからLibraが各国の金融当局といかに折り合いを付けて開発が進んでいくのか、非常に楽しみなプロジェクトです。

ニュースカテゴリの最新記事