カナダのブリティッシュコロンビア大学がブロックチェーンコースを開講へ

カナダにあるUBC(Univercity of British Columbia)の愛称でお馴染みのブリティッシュコロンビア大学が、新しくブロックチェーンコースを開講することを発表しました。

修士課程及び博士課程の生徒に向けたブロックチェーン技術のトレーニングコースで、2020年の1月から開講予定であるとされています。

ブロックチェーンコースの概要

ブリティッシュコロンビア大学(UBC)が今回開講するブロックチェーンコースに関しては、参加する学生に対してブロックチェーン技術の開発経験は求めないとされています。

トレーニングコースに関しては下記の4つの主要分野に焦点をあて学習が進められるとされています。

  • 健康
  • クリーンエネルギー
  • 規制
  • 土地固有の問題

発表によりますと、6年間で139人の学生が今回発表されたコースを通して、ブロックチェーン技術を学びます。

ブロックチェーンコース受講生徒のインターンシップに関して

今回開設されるブロックチェーンコースは、非営利研究団体であるMitacsと、共同で学生へのインターンシップ先を提供する15にもおよぶ業界のサポートによって成立しているプロジェクトであるされています。

Mitacsは、技能訓練と国際経験のためのインターンシップに対して、6年間で業界の資金調達に合わせて1億324万ドルを提供する予定であるとされます。

156件のインターンシップと博士後期課程におけるトレーニングプロジェクトで合計244万ドルにも及ぶ金額が提供される予定であるとされます。

さいごに

本記事ではカナダのブリティッシュコロンビア大学で、新たにブロックチェーンコースが開講されるニュースについてご紹介してきました。

ブリティッシュコロンビア大学は日本国内での知名度こそまだまだ高くはありませんが、現地では中国人を中心にアジア人も多数通うマンモス校です。

同大学では、以前よりビットコインクラブを設立するなど、仮想通貨関連の様々なアイデアやプロジェクトを研究している実績もあり、ブロックチェーン技術への高い関心が見られます。

今回のニュースのように世界的な名門大学の修士課程・博士課程にブロックチェーンコースが開講されることは、業界にとっても間違いなくポジティブなニュースです。

近いうちに日本人の受講者も出てくることが予想されますので、将来に期待したいニュースとなりそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る