ポルトガルのサッカーチーム「S.L.ベンフィカ」が仮想通貨決済を導入へ

ポルトガルのサッカーチーム「S.L.ベンフィカ」が仮想通貨決済を導入へ

ポルトガルのサッカーチームの一つで、過去に37回のポルトガルリーグチャンピオンに輝いているS.L.ベンフィカがチケットやグッズなどの販売に対して、仮想通貨決済を導入したことが判明しました。

仮想通貨決済などの開発を手がける「UTRUST」が、S.L.ベンフィカに正式に採用されたことを2019年6月5日のプレリリースにて発表しております。

S.L.ベンフィカの仮想通貨決済導入について

S.L.ベンフィカは国内外で多大な支持を受けているビッグクラブです。

会員数は世界中で23万人を超えるとされており、1,400万人にも及ぶとされるベンフィカサポーターはS.L.ベンフィカ公式ホームページより仮想通貨でチケット・メンバーシップ・あらゆるグッズなどの購入が可能となるようです。

今回のS.L.ベンフィカの取り組みに協力したのが仮想通貨プロジェクトのUTRUSTであり、公式Twitterで以下のように発表しております。

今回の取り組みにより、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)での仮想通貨決済が可能となるようです。

サッカー業界と仮想通貨の関係について

これまでの記事でも紹介してきましたが、サッカー業界では徐々に仮想通貨との親和性が高まってきているように思います。

まず最初に思い浮かぶのがチリーズ(chiliz)による仮想通貨プロジェクトです。

チリーズに関しては、下記の記事で詳しく解説しておりますので、合わせてご確認ください。

スポーツ界隈向けの仮想通貨chiliz(チリーズ)がバイナンスチェーンとの提携を発表

また、最近では本田圭佑氏による、ブロックチェーンファンド設立のニュースも記憶に新しいところです。

サッカー元日本代表の本田圭佑がブロックチェーン・ファンド設立へ

上記以外にも、2018年のロシアワールドカップ期間中に、イタリアのユベントスが1試合限定ではありますが、ビットコイン(BTC)でのチケット販売をテストした実績もあります。

S.L.ベンフィカのCEOであるドミンゴス・オリベイラ氏は下記のように発言しました。

我々のクラブは時代に遅れずついて行きたいと考えている。

新しい技術の導入に際して、我々は常に最先端を進みたいと考えている。

さいごに

本記事では、ポルトガルの強豪サッカークラブであるS.L.ベンフィカが仮想通貨決済を導入するニュースについてご紹介してきました。

最近のニュースを見ていると、スポーツ界隈の中でもサッカー業界が1歩進んで仮想通貨の取り組みを進めているように感じられます。

サッカー業界での仮想通貨の取り組みが成功すれば、他のスポーツ業界でも同様に一気に仮想通貨関連のプロジェクトが導入されることが推察出来ます。

こういった取り組みが様々な業界に広がっていき、仮想通貨業界に明るい未来が切り開かれることを期待していきたいところです。

ニュースカテゴリの最新記事