トロンのCEOジャスティン・サン氏がウォーレン・バフェット氏とのチャリティーランチを落札

仮想通貨TRON(トロン)の創業者兼CEOであるジャスティン・サン氏は、米著名投資家であるウォーレン・バフェット氏と昼食をする権利を456万7688ドル(約5億円)で落札したとの発表がありました。

落札者であるジャスティン・サン氏は、ニューヨークのステーキハウスに7名までの友人を連れて行くことが出来るそうで、7名にどのような人物が選出されるのか非常に楽しみです。

ウォーレン・バフェット氏について

ウォーレン・バフェット氏は米国の投資会社バークシャー・ハサウェイの会長兼CEOを務めており、大統領自由勲章を受賞していることでも有名です。

2018年度の純資産は840億ドル(約9兆円)にも達するとされており、世界有数の資産家の一人でもあります。

米国のネブラスカ州オハマを中心に生活しているため、敬愛の念を込めて「オハマの賢人」と呼ばれています。

ウォーレン・バフェット氏は、以前より仮想通貨に対して否定的な意見を示しており、仮想通貨ビットコイン(BTC)に対しては「通貨ではない」などの発言も注目されておりました。

チャリティーオークションについて

今回ジャスティン・サン氏が落札したウォーレン・バフェット氏との昼食の権利は、ebayが主催するチャリティーオークションによるものです。

落札額は全てNPO(民間非営利組織)であるGLIDE財団に寄付される予定です。

GLIDE財団はホームレスやマイノリティー、LGBTQなどの経済的に困窮する組織の支援を行なっている団体です。

落札後の両者の発言

ジャスティン・サン氏は公式Twitterでブロックチェーン業界のリーダー達を昼食会に招待すると投稿しており、「みなさんに利益となるよう願う」との発言がありました。

これに対し、ウォーレン・バフェット氏も下記のように発言したとロイター通信により報じられております。

ジャスティン・サン氏が昼食会の権利を獲得したことを嬉しく思う。

彼と彼の友人に会えることを楽しみにしている。

さいごに

本記事では、チャリティーオークションでウォーレン・バフェット氏との昼食会の権利をTRON(トロン)CEOであるジャスティン・サン氏が落札したニュースについてご紹介してきました。

チェリティーオークションの入札額がGLIDE財団に寄付されることに関して、ジャスティン・サン氏は下記のように語っています。

TRON(トロン)の米国本社はサンフランシスコにあります。

サンフランシスコのホームレスコミュニティへの重要な支援を行なっているGLIDE財団に、私の落札した入札額が寄付されることを誇りに思う。

本文中でも記載しましたが、ウォーレン・バフェット氏は仮想通貨に対して否定的な考えの持ち主です。

今回のジャスティン・サン氏および彼の連れてくるブロックチェーン界隈のリーダー達との昼食会でウォーレン・バフェット氏の今後の見解にどのような変化をもたらすのか、注目していきたいニュースです。

関連記事

ページ上部へ戻る