Bitfinexが新たなIEOプラットフォームをローンチ

アメリカに拠点を起き仮想通貨取引所を運営しているBitfinexが新たにIEOプラットフォーム「Tokinex」をローンチしたことを公式アナウンスで発表した。

Tokinexでは、投資資格のあるユーザーに対して慎重に精査・検証されたトークンセールに参加することができるような設計になっています。セールに参加するためにはBlockpassのモバイルアプリからKYCを行い、個人のウォレットから資金を投資するプロセスを踏む必要が有ります。

Tokinexを利用する人への利点

  • 透明かつ公平な条件で精査・検証されたトークンプロジェクトへアクセスすることが出来る。
  • 自身のウォレットから直接投資し、所有しているウォレットに購入したトークンが反映されることで分かりやすい取引が可能になる。
  • TokinexではBlockpassのKYCサービスを使用しているため、トークンセール時に個人のデータをプラットフォーム側で保存することが有りません。
  • 取引所業界で最も成功しているBifinexから技術・商業価値の観点から適切な評価が受けられる保証が有る。
  • 独立した第三者機関からの包括的な調査報告を使用

プロジェクト側の利点

他の取引所とは異なり、トークンの売却が成功した場合のみ手数料が発生し、その後プラットフォームで資金調達を行うことが出来たプロジェクトは複数の取引所(BitfinexとEthfinex)で取引が行えるようにリスティングされます。

Tokinexのトークンセールに参加するには?

Tokinexでの最初のトークンセールは5月23日に発表され、その日からBlockpassを利用したKYC認証を受けることが可能になります。アメリカ人及び、その他の制限区域の人は参加することが出来ません。

最初のトークン販売は6月13日に開始されます。

関連記事

ページ上部へ戻る