仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー) 証拠金取引倍率変更を5月28日に実施へ

国内最大手の仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)は、2019/4/22に証拠金取引倍率の変更を行う予定でした。

しかし新システムの不具合が発見されたため、延期となっていました。

今回の発表により、5月28日に前回実施する予定であった、証拠金取引倍率の変更を実施することを決定致しました。

サービス変更内容のスケジュール

現在ビットフライヤーではLightning FXとLightning Futuresで最高倍率15倍でのレバレッジ取引が可能となっております。

今回のサービス内容変更により、レバレッジ最高倍率を15倍から4倍に引き下げることが最大の目的となっております。

サービス変更のスケジュールとしては、5月28日午前4時〜午前6時頃を目処にメンテナンスを実施すると発表されています。

メンテナンス完了以降、以下のサービス内容の変更が行われる予定となっています。

  • 新規発注のみ最大レバレッジ倍率を4倍に引き下げ(※変更前は15倍)
  • 証拠金維持率が100%未満の場合、追証発生(※変更前は80%未満が追証)
  • 追証発生時の証拠金預入期限を2銀行営業日に変更(※変更前は3銀行営業日)

新規注文以外の建玉について

今回のサービス変更により、レバレッジ最高倍率が変更されるのは新規注文のみが対象となります。

今回の変更による影響での、変更前保有建玉に対しての追証・ロスカットは発生しないと公式で発表されております。

今回のサービス変更後の7月30日に、4倍を超えるレバレッジ倍率で設定されている投資家の保有建玉に関しても、一律4倍に変更する対応を実施するとのことです。

7月30日に実施される予定のサービス変更では、既存の保有建玉に対しても追証・ロスカットの対象となりますので十分に注意が必要です。

詳しい内容については公式発表をご確認ください。

さいごに

本記事では、延期されていたbitFlyer(ビットフライヤー)による証拠金取引倍率変更のニュースについてご紹介してきました。

本文中でもご紹介しましたが、サービス変更前の保有建玉に対しては今回の変更内容は適用されません。

証拠金倍率15倍での取引を行いたいユーザーにより、メンテナンス前後に市場に大量の売買注文が入る可能性も考えられます。

5月28日、特にメンテナンス時間前後は市場の動きが活発になる恐れがありますので、十分に警戒しておくようにしましょう。

下記の関連記事も今回の記事と合わせてご確認ください。

bitFlyer ビットコインFXのサービス内容変更を延期

関連記事

ページ上部へ戻る