BTC80万円到達、一時90万円に迫る勢い

BTC80万円到達、一時90万円に迫る勢い

日本時間5月12日7時にビットコイン(BTC)の価格が80万円に到達しました。同日6時30分から強い買い注文が集まり8時30分に88万円にタッチし、現在は80万円よりすこし上を推移しています。

BTCドミナンスが2017年バブル時まで回復

BTCの好調は、仮想通貨全体のうちBTCが占める割合を示すドミナンスにも表れています。BTCのドミナンスは、2019年秋ごろから2019年3月末までは50%付近を保っていましたしたが、転換期となった4月からは上昇し60%まで回復しました。これは、市場からの資金流出による下落相場からのトレンド転換を契機に、BTCに資金が集まり始めたと考えられます

米大手投資会社のCMがきっかけ

2018年11月の大暴落前の価格に追いつく勢いで高値を更新するBTCだが、上昇の起点は5月3日であり、アメリカの大手投資会社GlayscaleのCM放送開始と重なります。CMの内容は、「ポートフォリオはゴールドではなくビットコインに」というキャッチフレーズで、投資家のビットコイン保有を促すものでした。新たな投資家の関心が高まり、市場への資金流入が始まったと考えられます。

100万円越えの可能性

アメリカのCM放映による新規参入に関連して、日本の仮想通貨取引所TAOTAOが5月中のサービス開始を予定しています。BTC買いの契機となる新規参入イベントが日本でも続くと見られますので、相場と市場の外の動きにも目を向けたいところです。100万円を突破する可能性も十分あります。

また、5月13日から大規模イベントConsensys2019が開催されており、注目の1週間となりそうです。

ニュースカテゴリの最新記事