グラミー賞受賞アーティスト イーサリアムブロックチェーンを用いた音楽レーベル設立へ

2019/5/1 グラミー賞での受賞経験を持つDJの「RAC」ことAndre Allen Anjos氏が「Goldroom」ことJosh Legg氏との提携を発表しました。

本記事では、今回のRAC x Goldroomの提携に関連したブロックチェーン技術のニュースについてご紹介していきたいと思います。

イーサリアム(ETH)を用いた音楽レーベル設立へ

RAC x Goldroomの提携はイーサリアム(ETH)ブロックチェーン技術を利用したスタートアップを設立することで始まりました。

レコードレーベルの名前は「Minerva Music」と名付けられております。

クリエイターを対象とした、分散型オンライン決済システムを提供し、音楽データや関連商品を配布し、アーティストの支払い状況の追跡などにもブロックチェーン技術を役立てる方針のようです。

Minerva Musicについて

今回立ち上げられたMinerva Musicはアーティスト向け収益管理プラットフォーム「Stem」やアーティストとファンを直接結びつける「Ujo Music」の2つのスタートアップと提携しております。

RACは既にUjo Music上でのアルバムの配信をスタートしており、イーサリアム決済での楽曲の提供を可能とします。

Andre Allen Anjos氏はMinerva Musicの展望について下記のように語っております。

Minerva Musicの目的は、既存の音楽業界と切り離し、アーティスト自身がより高いレベルでの自律性を確保し、アーティストがより合理的に報酬を受け取れるようにすることである。

Anjos氏によると、既に複数のアーティストとの契約が完了しており、最初の楽曲は2019/5/8にリリースされる予定であると発表されています。

さいごに

本記事ではRAC x Goldroomによるイーサリアムブロックチェーン技術を用いた音楽レーベル立ち上げのニュースについてご紹介してきました。

これまでもいくつかの仮想通貨やブロックチェーン技術を用いた音楽関連のプラットフォームが提供されており、ますます業界内でも注目度が高まってきているのが実感出来ます。

今回のグラミー賞アーティストの参入も、業界に取ってポジティブな追い風となることでしょう。

引き続き、音楽とブロックチェーンの共存サービスに期待していきたいところです。

 

関連記事

ページ上部へ戻る