Kucoinが第2回目のIEOを公式発表!

Kucoinが第2回目のIEOを公式発表!

香港を拠点に仮想通貨取引所を運営しているKucoinが、自社のトークンローンチプラットフォーム、Kucoin Spotrightを通して第2回目のIEOを行うことを発表しました。

今回のIEOでは全ての環境でスマートコントラクトの実装をサポートするTrias(TRY)という仮想通貨の販売が行われ、日本時間5月14日の午前1時から開始されます。

第一回目のIEOの際にはMultiVAC(MTV)という仮想通貨が販売され、わずか7秒で販売予定枚数が完売し約4億円を調達した実績があります。

MTVの際は1枚辺り0.006USDの価格で販売され、上場後は最大0.0125辺りまで価格が上昇しました。

今回のIEOにも期待の目が向けられているため、セールに参加の意志がある方早めに準備をしておいた方が良い所ですが、セールに参加するにはKucoinでKYCを行う必要が有り、残念ながら日本居住者へのサポートは現在行なっていないようです。

Trias(TRY)

Triasは全ての環境(PC、スマートフォン、サーバー、IoTなど)でスマートコントラクトを実行する事ができるプラットフォームと、その開発フレームワーク、またそれらを複合した開発実行環境を提供するために開発された仮想通貨です。

Triasはネイティブなアプリケーションでの実行環境をサポートし、新しいパブリックチェーンを構築することを目指しています。

IEO概要

セールに参加するためには、Kucoinの取引所トークンを最低250KCS以上保有する事が必要で、その保有量に応じてセールに参加するための抽選券が最大で7枚配布される予定です。抽選券を使用し、見事購入するための権利を得た人は一つの辺り毎に固定で500USD分の購入資格を得る事ができます。

所有している抽選券は他の人に譲渡する事ができず、個人で使用する目的でのみ利用する事が可能です。

  • トークン名:TRY
  • 総発行枚数:10,000,000,000TRY
  • Kucoinでの販売枚数:400,000,000TRY(全体の4%)
  • 購入可能通貨:KCSのみ(Kucoinの取引所トークン)
  • 価格:1TRY=0.004USD
  • トークンの購入申し込み方法:抽選

より詳しい詳細はこちら

ニュースカテゴリの最新記事