航空貨物輸送会社FedEx ブロックチェーン利用「義務化」を訴える

国際輸送などで多く利用される、航空貨物輸送会社大手であるFedExのCEO Rob Carterは、国際輸送分野の中でブロックチェーン技術の利用を義務付けすることを訴えました。

本記事では今回のRob Carter CEOによる訴えの内容を中心にご紹介していきたいと思います。

Rob Carter CEOによる訴えの内容

FedExのRob Carter CEOは「Blockchain Global Revolution Conference」の中で、国際輸送分野の中でブロックチェーン技術の利用を義務付けるべきだとの発言を行いました。

理由としては、商品の違法取引や偽造品・危険物の不正取引を防げることや業務の効率化にも繋がると発言されました。

これらの技術を実現するには政府や国際配送業界での協力が不可欠であるとも発言しております。

具体的な業務改善方法

Rob Carter CEOはいくつかの具体的な案を提示し、ブロックチェーン技術の採用を訴えました。

ペーパーベースの書類業務を改善

現在、国際配送業界では従来通りのペーパーベースでの法的書類が使用されており、これらの中には荷物本体と同じくらい非常に重要な書類も含まれているとのことです。

デジタル書類を使用しているケースも存在しますが、使用されている技術は60年前に開発されたEDIという古い技術が採用されており、リアルタイムでデータのやりとりが可能なものではないと説明しています。

Rob Carter CEOは最新のテクノロジーとして「標準化されたブロックチェーン技術」を業界全体で採用することにより、各企業独自のシステムを抜け出し「グローバルに使用される共通のソリューション」が実現できると説明しました。

Blockchain in Transport Alliance(BiTA)について

FedExは500以上の会員が参加する国際配送業界の団体「Blockchain in Transport Alliance(BiTA)」にも参加しております。

こちらの団体はブロックチェーン技術の業界標準規格の制定に力を入れており、同社も積極的に取り組んでおります。

同団体の思想として、今回Rob Carte CEOの訴えと同じくブロックチェーン技術を採用することにより、あらゆる関連情報を関係他者に素早く共有することが可能であるとしています。

さいごに

本記事では航空貨物輸送会社大手であるFedEx Rob Carter CEOによるブロックチェーン技術採用義務化の訴えについてご紹介してきました。

今回のニュースは特定の通貨に影響のあるようなニュースではありませんが、ブロックチェーン技術がこういった業界にも着々と採用されることで信頼が高まると推察できます。

今後も仮想通貨のみならず、ブロックチェーン技術の新たな採用方法についても期待していきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る