ビットコイン(BTC)価格一時急落 USDT信用問題が影響か?

ビットコイン(BTC)価格一時急落 USDT信用問題が影響か?

2019/4/26 今月初めの急騰以降、好調な水準を維持してきたビットコイン(BTC)の価格が突如急落する事態が見られました。

本記事では今回のビットコイン(BTC)急落に関連していると推察出来るニュースについてご紹介していきたいと思います。

テザー(USDT)の不正利用が発覚

米ドルに裏付けされたステーブルコイン テザー(USDT)が7億ドル(約784億円)の不正利用を行なったと報道されました。

これによりビットコイン(BTC)価格にも影響し、今回の暴落を招いたとの見方が強まっております。

詳細をもう少し見ていきますと、ニューヨーク州の司法長官事務所が顧客の資金を不正利用していたことなどを理由にiFinexを訴えました。

iFinexは仮想通貨取引所Bitfinexとテザー(USDT)の発行元の親会社に当たります。

不正利用の用途としては、これまでの損失の隠蔽に使用されており、仮想通貨関連の事業において8億5100万ドル(約953億円)もの損失・ハッキングが大きな要因であると発表されました。

これにより、テザーの信用問題が発覚し、ビットコイン(BTC)を含む仮想通貨全体の暴落に繋がったとの見方が大半を占めております。

また裁判所命令では、iFinexに対してテザー(USDT)の裏付けられた米ドルからBitfinexへの資金移動や利益配当を一時的にストップさせる対応も取られるようです。

仮想通貨市場の動き

ビットコイン(BTC)はこれまで好調な推移を見せており、今年最高値となる5690ドルを記録したばかりでした。

しかし今回のニュースが一気に拡散されると、最大で約8.7%もの下落が見られました。

またこれに合わせて、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨も軒並み前日比マイナスを記録する結果となっております。

さいごに

本記事では4月26日これまで好調に推移してきたビットコイン(BTC)が突如急落したニュースについて、推察を含めて関連ニュースをご紹介してきました。

USDTを発行するテザーの信用問題はこれまでも何度か定期的に発生しており、一部では大口投資家の戦略の一つではないかとの声も上がっております。

こういったニュースにもすぐに対応することにより、利益の拡大や損失を抑えることが可能となります。

本メディアでも最新のニュースをなるべく早くお届けしておりますので、ぜひ他の記事も合わせてご確認ください。

ニュースカテゴリの最新記事