bitFlyer ビットコインFXのサービス内容変更を延期

国内仮想通貨取引所bitFlyerは4月22日に予定していた証拠金取引のサービス内容変更について、新しいシステムの不具合が発覚したことにより延期すると発表しました。

本記事では、現在までに発表されている関連情報についてご紹介していきたいと思います。

※公式ツイッターの発表は下記の通りです。

概要

bitFlyerは当初4月22日午前4時頃〜6時頃にかけてメンテナンスを行い、ビットコインFXに関するサービス内容の変更を実施する予定でした。

メンテナンスは予定通り既に終了しておりますが、サービス内容の変更は延期とされました。

新しい日程については、詳細が決定次第発表するとされています。

スケジュール変更前の予定

bitFlyerは今回のメンテナンスでいくつかのサービス内容変更を行う予定でした。

  • 新規発注時の最大レバレッジ倍率の変更

これまでbitFlyerではビットコインFXにおける最大レバレッジ倍率を15倍に設定しておりましたが、今回のメンテナンスで4倍に変更を行う予定でした。

4月22日のメンテナンスでは、新規発注のみを対象としたレバレッジ倍率変更の予定でしたが、6月24日には全建玉の最大レバレッジ倍率を4倍に変更すると発表しております。

  • 追証発生基準の変更

現在、bitFlyerにおける追証発生の基準は証拠金維持率80%で設定されております。

当初の予定では証拠金維持率を100%に変更される予定でした。

こちらも今回のサービス内容変更延期により、日を改めて実行される予定となります。

サービス内容変更の経緯

今回のサービス内容変更は、日本仮想通貨交換業協会が策定した「証拠金取引に関する規則及びガイドライン」に準ずるための変更と言えます。

他の取引所でも順次証拠金取引のレバレッジ倍率措置が取られており、「GMOコイン」や「Liquid by Quoine」も変更措置の実施を発表しております。

※下記の記事も合わせてご参照ください。

国内仮想通貨取引所GMOコインがレバレッジ取引の最大倍率縮小へ

さいごに

本記事では、国内仮想通貨取引所bitFlyerによるビットコインFXサービス内容変更延期のニュースについてご紹介してきました。

証拠金維持率の変更などによりロスカットが発生する可能性など、相場に影響を与える可能性が高い変更ということで注目の集まっている今回のサービス内容変更です。

bitFlyerのメンテナンス時間は価格が大きく変動することも珍しくないため、次のメンテナンスのタイミングでも、投資家の皆さまには十分に注意して対応して頂きたいと考えております。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る