韓国の仮想通貨取引所Coinnestが閉鎖を発表

韓国に拠点を置く仮想通貨取引所Coinnestが公式ホームページで4月30日を持ってサービスを停止することをアナウンスしました。

Coinnestは韓国国内で仮想通貨取引量が5番目に多い取引所として奮闘していましたが、経営不振が影響してこの度閉鎖という形になったようです。

Coinnestといえば、2019年の1月19日に誤って530万ドル相当の仮想通貨を無料でエアドロップ(配布)してしまったシステムエラーが話題になりました。当初WGTというトークンをエアドロップする予定が、サーバーの不良によりビットコインや韓国ウォンなどを配布してしまッたようです。

また2018年の4月には代表のKim lk Hwan氏が顧客の資産を勝手に自分のアカウントに送金したとして詐欺の容疑で拘束されるなどといった事件も記憶に新しいです。後に有罪判決と250万ドル相当の罰金が課せられました。

市場への影響

仮想通貨市場の時価総額を掲載しているCoinmarketcapによると、Coinnestの取引出来高は、2019年4月23日時点の出来高は155万円となっています。決して多い取引量ではないですが、Coinnestの閉鎖が市場に大きな影響を及ぼすという事は無いと思われます。

閉鎖スケジュール

4月16日:新規アカウント登録停止
4月30日:取引サービスの停止・入金停止
6月30日:出金停止

関連記事

ページ上部へ戻る