アフガニスタン中央銀行総裁、ブロックチェーン技術を利用した暗号国債の発行を検討

アフガニスタン中央銀行総裁、ブロックチェーン技術を利用した暗号国債の発行を検討

4月8~14日にワシントンDCで開かれたSpring Meetingにて、アフガニスタンの中央銀行の Khalil Sediq総裁が、民間投資に必要な58億ドルを調達するために、ブロックチェーン技術を利用した国債の発行を検討していると発言しました。(ASIA TIMES)

Khalil Sediq総裁は、ビットコインはリチウムのような金属と関連性があると主張しており、アフガニスタンには3兆ドル分もの鉱物が眠っていると推定されると述べています。この市場に世界中からアクセスできるプラットフォームを、ブロックチェーン技術によって提供できるとしています。

Spring Meetingに参加した各国から、ブロックチェーン技術を積極的に導入する動きがみられています。

、チュニジア中央銀行のMarouane ElAbass総裁は、北アフリカ諸国がビットコイン債権の発行を真剣に検討しているワーキンググループを設立したと述べました。

ウズベキスタンも、綿産業とブロックチェーンに興味を示しているようです。

ニュースカテゴリの最新記事