ブロックチェーンビデオプラットフォームDLiveに超有名Youtuber PewPieDie参戦

ブロックチェーンビデオプラットフォームDLiveに超有名Youtuber PewPieDie参戦

昨今注目を集めているYoutube界隈の中で、世界一のチャンネル登録者数を誇るPewDiePieがブロックチェーンビデオプラットフォームのDLiveで配信を始める予定との発表がありました。

本記事では、DLiveとPewDiePieの情報についてご紹介していきたいと思います。

概要

ブロックチェーンビデオプラットフォームのDLiveは2019/4/9、世界一のチャンネル登録者数を誇るPewDiePieがDLiveとの独占配信契約を結んだと発表しました。

DLiveによりますと、4/14から週1回のペースで配信を予定しているとのことです。

DLiveは2019年4月現在、月間300万人以上のアクティブユーザーと35,000人以上の配信者が利用しているとのことです。

PewDiePieについて

スウェーデン出身のYoutuberで、29歳(2019/4現在)Youtubeのチャンネル登録者数は世界一で約9350万人が彼のチャンネルを登録しています。

Youtuberとしての収益も世界トップクラスで2015年時点のフォーブスの調査により、年収約14億円以上であると公開されています。

DLiveについて

分散型のブロックチェーンプロトコルLino(Lino Blockchain)に基づいて構成された分散型のコミュニティがDLiveです。

特徴としては、クリエイターと視聴者の双方に報酬として、ネイティブトークンであるLino Token(Lino Point)が獲得できる仕組みであるとされています。

DLiveのコンセプトとしては、既存のプラットフォームのようにクリエイター収益のマージンや手数料を過剰に徴収することなく、コミュニティの成長性や収益性を伸ばしていく方針のようです。

これにより、クリエイターには適切なインセンティブを提供し、視聴者に素晴らしいコンテンツをお届けすることが出来るとしています。

さいごに

本記事では、ブロックチェーンビデオプラットフォームのDLiveに世界一の登録者数を誇るYoutuber PewDiePie氏が参加することが確定したニュースについてご紹介してきました。

日本では最近になり、Youtuberが大きく稼げる職業の一つとして認知されてきたばかりです。

しかし、今回のニュースで世界一のYoutuberがDLiveに主戦場を移すことになると、これまでの構図が大きく変わる可能性もあるのではないでしょうか。

今後の展開次第では仮想通貨市場にも大きく動きが見られるかも知れないニュースですので、ぜひ注目していきましょう。

ニュースカテゴリの最新記事