Huobiが第2回目のIEOを4月16日に行うことを発表!

Huobiが第2回目のIEOを4月16日に行うことを発表!

シンガポールを拠点に仮想通貨取引所を運営しているHuobiが第2回目のIEOを2019年4月16日に開始することをを公式発表しました。

具体的なIEO銘柄は公表しなかったものの、参加者に向けて次回のIEOについて3つの変更点を挙げました。

1.500HT(Huobi Token)ルールの修正

第1回目のIEOの際に多くの投資需要があったのに対して、比較的限られた人しか購入できませんでした。Huobi Primeでは投資者により公平に機会を提供できる様にIEO前の30日間1日の平均保有枚数が500HT以上の参加者のみトークンセールに参加できる資格を与えるというルールに変更しました。(第二回IEOの場合は3月17日から起算)

つまり、3月17日から500HTを所有している人は一ヶ月間500HTを保有し続ければ良く、4月15日から保有し始める人は15,000HTを保有すれば参加資格を得るといった感じです。

分かりやすく計算式で表すとこの様になります。
参加資格HT枚数 = (IEO開始日 – HT保有開始日)/ 15,000

また購入上限価格も1日の保有量に応じて決定され、500HT〜2500HTのレンジで400USD〜2000USDまでの投資を行う事が出来ます。

2.取引時間の短縮

10分間隔で20分の取引時間を設けていましたが、これを5分間隔で5分の取引時間に短縮します。それ以外の点は第1回目と同じです。

3.特別な第3ラウンド

取引のラウンドは3回に分かれており、1回目は最安値で20%、2回目はやや安値で30%、3回目は最高値で50%を供給します。

1.2回目の取引が通らなくても、3回目の購入の際に注文を入れれば少なくとも一部のトークンは必ず受け取る事が出来ます。

受け取れる配当を分かりやすく計算式で表すとこの様になります。

受け取れるIEOトークン枚数 = (自分の注文枚数/合計注文枚数) × HuobiPrimeで供給されるIEOトークンの総量 × 50%

より詳しい内容を知りたい方は公式アナウンスをチェックして見てください。

ICO・IEOカテゴリの最新記事