【2019/3/29発表】Coinbase CustodyでTezos(XTZ)のStakingサービスを開始

【2019/3/29発表】Coinbase CustodyでTezos(XTZ)のStakingサービスを開始

Coinbase CustodyよりTezos(XTZ)に関連するニュースが発表されましたので、本記事で解説していきたいと思います。

概要

機関投資家向けに資産管理を行なっているCoinbase Custodyは、Proof-of-Stake(POS)等により顧客資産の拡大を画策しております。

今回、Coinbase Custodyではクライアント(投資家)向けにStakingサービスの提供を開始するようです。

公式ブログによると、Coinbase Custodyによる最初のフルサービスで有り、規制・保証が総合的に実施されている100%オフラインのStakingサービスだそうです。

さらに、今後数週間の間にMaker(MKR)プロトコルによる管理サポート体制も整えると発表されています。

ネットワークへの参加とガバナンスの仕組み

Coinbase CustodyはPOSと管理サービスをクライアントへ提供するため、最善の方法を数ヶ月にかけて考えた結果、Tezos(XTZ)を最初の資産として選択したと記載されています。

理由としては、Tezos(XTZ)の設計思想が、委任された資産を保護するように最初から考えられた作りとなっているからと述べられています。

Tezos(XTZ)のこの設計思想により、クライアントの資産を隔離されたコールドストレージへ保管することが出来、BitCoinをはじめとするDPOSと呼ばれる技術を採用していない通貨よりも、遥かに安全に資産の保管が可能となったようです。

また、Coinbase Custodyで預かる資産には、世界でも有数の保険会社による保証で常に保護されているとも記されています。

Tezos(XTZ)とこれからサポートする通貨に対して、これまで過去7年間に数千億ドルの資産を安全に保管してきたCoinbase Custodyの独自ノードと検証システムを実施することで、Coinbase Custodyが最初のオールインワン機関レベルのStakingサービスであると綴っています。

さいごに

公式ブログでは最後にこれからの計画についても少し言及されていました。

Tezosの成功は魅力的な時代の始まりであり、Coinbase Custodyではクライアントが投資するあらゆるチェーンに対して、安全で統制されたStakingサービスを提供する予定があると述べられています。

以上、本記事ではCoinbase Custodyより発表された最新ニュースをご紹介しました。

公式ブログはこちらより閲覧可能ですので、今一度ご確認をお願い致します。

 

ニュースカテゴリの最新記事