KIN(KIN/キン)の特徴と詳細解説 |人気アプリケーション「Kik」運営会社発行の注目通貨

KIN(キン)という仮想通貨をご存知でしょうか?

2017年にカナダで生まれたアルトコインで、今後注目の仮想通貨の1つです。

本記事では、KIN(キン)についての情報を詳しくご紹介したいと思います。

KIN(キン)チャート

KIN(キン)の概要

冒頭でも述べましたが、KINとは仮想通貨アルトコインの一種で2017年9月にカナダ発のKik Interactive社により発行されました。

Kik Interactive社はインスタントメッセージアプリケーション「Kik」を運営する会社で、日本では現在のところ知名度がそれほど高くありませんが、北米を中心に現在登録者数が3億人を超え、月間のアクティブユーザーが900万人を越える人気のアプリケーションです。

世界的に有名なインスタントメッセージアプリケーションの運営会社が発行する通貨ということで、KINのICOでは110億円が調達されました。

この結果からも、KINに対する期待度の高さが伺えるかと思います。

公式サイトはこちらよりご覧頂けます。

ホワイトペーパーはこちらよりご覧頂けます。

KIN(キン)の特徴

Kikアプリケーション内での利用を想定

前述しましたKikアプリケーション内での支払い通貨としてKINを使用することが将来的に可能になるようです。

具体的には、Kikのシステム内で商品やサービスとの引き換えが可能になる他、追加コンテンツや有料コンテンツへの支払いでも利用が可能となる想定です。

また、Kikの配信する広告やアンケートへの回答等、Kikサービスへユーザーが貢献することによる報酬の支払いとしてもKINの使用が想定されています。

アプリケーションのユーザー数が多いため、かなりの数の潜在ユーザーを抱えている形となり、今後注目の仮想通貨と言って良いでしょう。

Kinitアプリケーション

上述した広告やアンケートへの回答などでKINを報酬として受け取ったり、KINを使用してサービスを利用する場合などに使用するアプリケーションです。

また、Kinitアプリケーションには仮想通貨のモバイルウォレットとしての機能も併せ持ちます。

2018年7月にリリースされていますが、現在は北米のユーザー向けにのみ対応しているようです。

最大発行枚数

KINの最大発行枚数は10兆枚と公開されています。

ビットコインの発行上限が2100万枚ですので、膨大な数の発行量であることが伺えます。

現在、市場に流通している枚数は8,000億枚弱ですので上限に達するのはまだまだ先の話となりそうです。

Polychain Capitalによる強力なバックアップ

KINはPolychain Capital(ポリチェインキャピタル)の出資を受けており、Polychain Capitalの拠点アメリカ(サンフランシスコ)はもちろん、日本でも非常に注目される動向が予想されます。

以下の理由をご確認ください。

Coinbaseとの関係

Polychain Capitalとは、クリプトファンドの1つで、ファンドとしての規模は200億円にも上ります。

このPolychain Capitalに投資をしているベンチャーキャピタルの中に、Andreessen Horowitz(アンドリーセンホロウィッツ)という会社が存在します。

Andreessen Horowitzは2009年に設立されたばかりの新しいベンチャー企業ではありますが、2012年に1,500億円規模の資金調達をたった3週間で成功した実績があります。

また、Andreessen Horowitz社は米最大手の仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」と非常に強い関連性があります。

Coinbaseでは大規模な資金調達を度々実施しておりますが、Andreessen Horowitz社もCoinbaseに大きく投資し、資金調達の成功を支えた実績があります。

さらに、Coinbaseの政策担当者Michael Lempres(マイク・レンプレス)がAndreessen Horowitz社に移籍するニュースも2018年11月に世界中を駆け巡りました。

今後の予想

Coinbaseでは上場を検討している通貨の発表を定期的に行なっています。

2018年12月に最新の発表が行われ、31種類の通貨が発表されました。

この一覧の中にKINの名前も含まれています。

KIN以外の通貨を確認するとADAやStellar、日本でもお馴染みのXRP(リップル)など今後が期待される通貨ばかりです。

KINのCoinbase上場も時間の問題かと考えると一気に需要が高まりそうです。

また、Coinbaseは現在、三菱UFJフィナンシャル・グループなどと提携しており日本市場への進出準備を進めているようです。

三菱UFJフィナンシャル・グループと言えば日本でも有数の企業ですので、実際にCoinbaseが日本市場へ上陸するのも現実的なのではないかと考えられます。

KINのCoinbase上場、Coinbaseの日本上陸が実現すれば、KINの需要はもちろん、日本の有名取引所へのKIN上場も高い可能性で実現しそうではないでしょうか。

補足

KINはEthereum(イーサリアム)のプラットフォームから開発が行われていましたが、現在はStellarの技術を統合して開発が進められているようです。

KIN(キン)を入手可能な取引所

Bitcoin(ビットコイン)基軸での交換が可能な取引所

  1. HitBTC
  2. Mercatox
  3. OTCBTC

Ethereum(イーサリアム)基軸での交換が可能な取引所

  1. HitBTC
  2. Idex
  3. Mercatox
  4. ForkDelta
  5. Bitforex
  6. YoBit
  7. FatBTC
  8. LATOKEN
  9. COSS
  10. Altilly

現在(2019/3月時点)、日本国内の取引所での取り扱いはありませんので、一度国内の取引所で他の仮想通貨に交換した後、該当の取引所でKINと交換する手順となります。

まとめ

KINについての情報をまとめてご紹介してきました。

現在(2019/3月28日時点)での取引価格は1枚0.004円とかなりお買い求め安い価格になっています。※KINの最高額として記録は0.15円

KINはKikアプリケーションでの利用をメインに開発が進められていますので、Kikアプリケーションが北米だけでなく世界的に使用されるようになればKINの需要も高まると予想出来ます。

KINに興味を持って頂けましたら、ぜひ一度上記の取引所にてご購入を検討してみてください。

今後のKIN及びKik Interactive社の動向に注目です。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る