Huobi Prime初のIEOが無事終了!

TOPNetWorkが資金調達を完了

Huobi2019326日に同社の資金調達プラットフォームであるHuobi Primeを通じて初のIEOを無事終了させました。

Huobi Primeはシンガポールを拠点に仮想通貨取引を行なっているHuobiが、資金調達や技術開発の目的で新たに設立した取引所です。今後IEOHuobi Primeを通じて行われ、Huobi Prime内で取引を行うことが可能になっています

実際にIEOを行う仮想通貨は、プロジェクトや財務状況のチェック、有価証券ではないか、他の取引所で上場しているかといった観点から厳しく判断されため、従来のICOよりも健全な投資を行うことが可能になっています。

そんな中Huobi初のIEOとしてTOPNetWorkが採用され、世界中から13万人という大量注文が殺到し僅か3764人のみが購入できるという大盛況で終わりました。

TOP(TOPNetWork)概要

TOPはブロックチェーン場でクラウド通信サービスを提供する分散且つオープンソースの通信ネットワークサービスです。メッセージング・通話・ビデオ・VPNCDNIoTデータ共有など個人の情報を多く扱う通信サービスに独自のブロックチェーン技術を利用することで安全で低コストなサービスを提供します。

IEOの概要

IEO2019年の326日の中で3回に分けて実施され、それぞれ30分の時間が設けられました。TOPを購入するためにはHT(Huobi Token)が必要で、アカウント毎の購入制限は最大1000USDで留められました。

IEOでの販売枚数: 1,500,000,000TOP

・総発行枚数:20,000,000,000TOP

・販売価格: 回数を重ねる毎に値段が上昇  1TOP = 0.00177~ 0.00255 USD

TOPの配布時期:IEO終了後の配布

関連記事

ページ上部へ戻る