第11回 中国版仮想通貨ランキング発表

第11回 中国版仮想通貨ランキング発表

中国の電子情報産業発展研究院(CCID)が、2018年6月から実施している仮想通貨ランキングの11回目が発表されました。

イオス、イーサリアム、トロンのDappsプラットフォーム通貨が、前回に引き続きトップ3をキープしています。

このランキングは、各プロジェクトの開発力を基に作られており、「基礎技術」「アプリケーション」「革新性」の3項目をスコアリングしています。

基礎技術・・・通貨の機能及び性能、安全性、分散性
アプリケーション・・・ノード状況、ウォレット、アプリ開発サポート、アプリ実装状況
クリエイティビティ・・・開発者規模、コードの更新、コードの重要度

技術ベースのランキングとなっているため、上位にある通貨ほど技術力が評価されていることになります。

参考までに、Heath(コインマーケットキャップ)の順位と、取引量時価総額順位を併記しました。Healthはユーザーアクティビティを考慮したランキングのため、CCIDのランキングとの乖離から、ユーザーコミュニティの活性度を図れるのではないでしょうか。

 

 

ニュースカテゴリの最新記事