IEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)について徹底解説

IEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)について徹底解説

2019年に入り、新たな資金調達方式IEOが注目を浴びています。IEOは、Initial Exchange Offeringの略語で、取引所がプロジェクトに代わり資金を調達する方式です。2017年にブームとなったICOは、ブームの過熱に伴い詐欺的な案件が多発し、被害にあう投資家が続出しました。IEOでは、取引所がプロジェクトを照査し、取引所の信頼を失いかねない案件は徹底的に排除されます。投資家は安心して投資でき、プロジェクトは資金調達から取引所上場までスムーズに進めることができます。

プロジェクト、取引所、投資家それぞれにメリットがあるIEOについて解説していきます。

IEO(Initial Exchange Offering)とは

IEOは、イニシャル・エクスチェンジ・オファリングと呼ばれ、エクスチェンジ=取引所がプロジェクトに代わって資金を調達する方式を指します。

IEO前の市場状況

仮想通貨における一般的な資金調達では、発足したプロジェクト自分自身で投資家に呼びかけ、投資を募るのが主流となっています。投資家は、プロジェクトを分析し、投資をするべきかを判断します。ある程度の知識を持った投資家であれば、プロジェクトの良し悪しを判断でき、悪いプロジェクトは淘汰されるでしょう。

一方、仮想通貨の特徴である、ネットにつながることができれば誰でも所持できることや、大きな価格変動により「誰でも一攫千金を狙える」というイメージが先行した結果、プロジェクトの中身を理解せずに投資を行う新規投資家の参入を促しました。これにより多くの資金が流入し市場が活発化、多くのプロジェクトが資金調達を行いました。しかし、これは知識の少ない新規投資家の資金を狙う詐欺的なプロジェクトが多発することに繋がります。結果、投資家は安心して投資を行うことができず撤退、市場は健全性を取り戻せず縮小する事態となります。

この一連の流れは、2017年にブームとなったICOという資金調達方式で実際に起き、2018年に各国が規制に動き出すきっかけとなりました。

IEOのメリット

2019年初頭、規制が続き、仮想通貨全体が落ち込んでいるなか、大手取引所によるIEOの実施が発表されました。

IEOでは、プロジェクトの分析を取引所が行います。信頼の置ける取引所が選んだプロジェクトに、投資家は安心して投資することができます。取引所側は、信頼を失うわけにはいかないので、後々上場させることを見据えてプロジェクトを慎重に選別します。プロジェクト側は、優良案件であるとアピールすることができ、トークン発行から上場までをスムーズに進めることができます。

IEOでの取引所トークン価格への影響

IEOでは、発行するトークンとの交換に取引所トークンを用いることが多く、取引所トークンの価値上昇の起爆剤になっています。

例えば、大手取引所HuobiがIEOを実施するという噂がたった時点から、独自トークンであるHTの価格は2倍近く上昇しています。IEOに独自トークンが交換されることで、HTに買いが集まったことからの価格上昇です。

IEO事例の紹介

バイナンスローンチパッドによるIEO

バイナンスが2019年1月から3月にかけて実施した3度のIEOにより、世間がIEOに注目し始めました。バイナンスが運営するバイナンスローンチパッドというローンチプラットフォームでIEOが実施されます。

2019年1月実施IEO「BitTorrent」

2019年1月29日に、インターネット関連プロジェクトであるBitTorrentのIEOが行われました。BTTトークンは、バイナンス独自トークンBNBのほかBTCとTRXと交換され、1 BTT = 0.00001824 BNBで発行されました。IEO開始後、約14分間ですべてのBTTが完売しました。その後1月31日にバイナンスに上場し、価格が15倍に跳ね上がりました。

2019年2月実施IEO「FETCH.AI」

2019年2月25日に、「FETCH.AI」のIEOが行われました。IEO開始後、わずか14秒で完売し、IEOへの注目度が高まりを感じる出来事となりました。発行されるFETトークンは、BNBのみの交換となりました。交換レートは1 FET = 0.00858400 BNBです。

2019年3月実施IEO「CELER」

2019年3月19日に。「CELER」のIEOが行われました。こちらは、IEO開始から17分35秒で完売しました。IEO開始前、先物取引ですでに9倍近い価格になっております。

フォビプライムによるIEO

バイナンスに続いてフォビもIEOを実施すると発表し、同時にIEOプラットフォーム「フォビプライム」の稼働を発表しました。フォビは、IEOではなくDPO(Direct Premium Offering)と呼称しており、30分・3セットに分けて販売を行う「プライスリミット期間」方式となっています。

2019年3月実施IEO「Top Network」

フォビの第1弾IEOは、分散型クラウド通信サービスを取り扱う「TOP Network」で行われます。3月26日21時からの開始となっており、プライスリミットによる3セットでトークンが販売されます。

ビットレックスによるIEO

ビットレックスは、IEOプラットフォームを発表し、170億トークンを配布する予定でしたが、分析の不十分さから中止を発表しました。

IEOは資金調達の主流となるか?

IEOは、実施する取引所の信頼で成立しています。

信頼のおける大手取引所が行うからこそであり、草コインを大量に扱っている取引所では実施する意味がありません。

もともとICOは、資金を必要とするベンチャープロジェクトにとって、仲介コストを削減できプロジェクトのアピールに注力できる合理的な資金調達手段でした。IEOを行うには、取引所の基準をクリアする必要がありますが、コストではなくスキルを要するものなので、プロジェクトが優良であるほど、費用対効果は上がるでしょう。

取引所がプロジェクトを正しく選出するかというところですが、中央集権的な性質上、念頭に入れなければなりません。

BinannceDEX等の分散型取引所とIEOの連携も気になるところです。

ICO・IEOカテゴリの最新記事