BasitAttentionToken(BAT/ベーシックアテンショントークン)の概要と詳細を徹底解説|オンライン広告市場のトークンエコノミー

BasikAttentionToken(以下BAT)は、分散台帳機能があるWebブラウザ「Brave」で使われるトークンです。

Braveは、ウェブ広告収入モデルを中央管理者(GoogleやFacebook)に依存することなく、広告主、広告掲載者、ユーザーの3者による経済圏として成立させるために開発されました。

BATトークンは、閲覧者の注目度(=Attention)をトークン化したもので、ユーザーの広告閲覧や、気に入ったコンテンツへの投げ銭に利用されます。

現行ウェブブラウザに代わる次世代のウェブブラウザとして注目されています。

Braveが分析する現行広告収入モデルの問題点

オンライン広告には、企業のマーケティング戦略のため、ウェブサイトを媒介にして、ユーザーの興味関心を定量化するという役割があります。

企業にとってユーザーの興味関心はダイヤの原石であり、それを得る対価は本来、広告掲載者とユーザーに支払われるべきなのです。

しかし、現在の広告はGoogleやFacebookなどにより広告費が搾取され、広告掲載者とユーザーに与えられる対価は適正なものではありません。

さらに、広告により得られる情報は、複数のシステムを経由するプロセスが常態化しており、広告掲載者へわたるカネの流れは複雑化しています。

ユーザーの興味関心情報の不明瞭化も深刻であり、詐欺広告の横行やCookieトラッキングによるウェブブラウジングのストレスは、広告への嫌悪感を増大し、正確な興味関心データを得ることができません。6億以上のデスクトップやモバイルPCで広告ブロックソフトウェアを使用しているという統計もあります。

Cookieトラッキングによる負荷は、ページロードの遅延、バッテリー寿命の低下の原因となり、プライバシー漏洩の危険性があります。

以上のことから、広告企業が支払う価値は、ユーザーの興味関心ではなく、それを得るための複雑なシステムにより決定させるものとなっています。

これらは非常に悪い経済循環を形成しており、企業は不当な広告費を払い、広告掲載者は詐欺広告を掲載、ユーザーはウェブ利用にストレスを感じ、興味関心情報を濁らせています。

Braveがめざす次世代オンライン広告経済圏

Braveは中央管理者が存在せず、広告主、掲載者、ユーザーによる経済圏を目指しています。

中央管理者と仲介者を排除し、複雑なシステムを経由することなく直接取引を行うことで、それぞれが正当な価値を取引することができます。

Braveはこれをブロックチェーンにより実現させます。

ブロックチェーンを活用することでオンライン広告経済圏は次のように変わります。

・中央管理者がいない分散管理型のネットワーク

・仲介者の排除による正当な価値の支払い

・公開された取引履歴を追跡することでトラッキングが可能

これにより、真に求めていた興味関心データとそれに対する正当な価値の取引が可能となります。

さらに、匿名性のトークンを流通させることで、これまで受動的だったユーザーに経済圏へ顔発に参加させるインセンティブを与え、ユーザーのプライバシーも保護されます。

具体的には、ユーザーはトークンを受け取るだけではなく、利用する機会を与えることで、流動性の高い経済圏を作ります。

Braveのプラットフォームブラウザ「ブレイブ」

Braveは、分散管理された経済圏を作ることに最適化されたブラウザ「ブレイブ」を無料で提供しています。

ブレイブには、広告ブロック機能がデフォルトで付いており高速かつプライバシーを重視したブラウザです。

さらにウォレット機能が備わっており、ブラウジング行為とトークン取引を組み合わせることで、一般的なブラウザ利用をマネタイズすることができます。

その組み合わせの一つが、トークンとオンライン広告による経済圏です。

独自トークンBATとオンライン広告の経済圏

Braveが発行する独自トークンBATをオンライン広告市場に導入し、法定通貨で行われてきた取引をトークンで置き換えることで、BATによる経済圏(トークンエコノミー)を創出します。

広告主は、ユーザーの興味関心データを集めるため、広告と同時にBATを提出します。BATは、広告を見たユーザーへ興味関心データを提供した対価として支払われます。同時に広告掲載者へも掲載料としてBATが支払われます。

ユーザーの個人情報は、ユーザーの端末上で管理され、外に出ることはないため、プライバシーは保護されます。

ユーザーが獲得したBATは、しさんとして保有するだけではなく、様々な用途が提供されます。

BATトークンでできること

ユーザーが報酬を受け取るだけではなく、トークンを使うことで経済活動に参加できるのがトークンエコノミーの特徴です。

BraveではBATを次のような用途として利用される予定です。

・コンテンツの購入
・BATに裏付けられた価値を持つコメント・投票
・Braveで作られるゲームに使用
・マイクロコンテンツ購入等における少額決済

BAT基本情報・チャート

通貨単位BAT
運営Brave
発行上限15億BAT
承認アルゴリズム
ICO調達額38億円


BATの評価とまとめ

BATトークンは、もともと注目されていましたが、アメリカのユニコーン企業Coinbaseに上場したことで、他のアルトコインより一層存在感のあるものとなりました。

期待感が高まる中で、BATトークンの使い道はまだ具体的なプロダクトが発表されていません。使い道が示されなければ、トークンが一方的な送金としかならず、循環しないので、経済圏として成り立ちません。注目sれ亭る通貨ですので、発表があった際には大きく価格に影響するでしょう。

上の表は、アメリカ国内における広告収入の割合を示しています。Google54%とFacebook45%が市場を独占し、176億ドルが流入しています。Braveによる分散管理のオンライン広告市場が実現すれば、この費用が不要となり、市場に流入します。実現すれば巨大な経済圏が誕生する期待が高まる通貨です。

関連記事

ページ上部へ戻る