Decred(DCR/ディークレッド)の概要と詳細を徹底解説|2つのアルゴリズムを搭載したハイブリッド通貨

ディークレッドは、コンセンサスアルゴリズムにPoWとPoSの両方を採用しています。

PoSは、PoWで生成されたブロックの承認を行う役割があり、投票システム”Politica”が組み込まれています。

Politicaはディークレッドのガバナンス決定にも利用されており、DCRトークンを保有していれば誰でも開発方針の決定に関わることができます。

51%攻撃などの脅威に耐性があり、柔軟な対抗措置を取ることができると期待されています。

ディークレッドDCRの基本情報・チャート

通貨単位DCR
運営
発行上限2100万DCR
承認アルゴリズムPoW,PoS



コンセンサスアルゴリズムPoW、PoSと51%攻撃

仮想通貨には、行われた取引の承認を行う”承認者”を一定の基準で選出するコンセンサスアルゴリズムが搭載されています。コンセンサスアルゴリズムの多くは承認者に選ばれたものに対して報酬を与えており、ユーザーが取引処理に協力するインセンティブとなっています。承認者によって承認された取引は、複数まとめてブロックという形式で保存されます。

Proof of Works(PoW)は、与えられた計算をより早く処理できたコンピューターが承認権を獲得することができます。ネットに接続できるコンピューターを持っていれば誰でも競争に参加することができ、よりハイスペックなものを使えば多くの報酬を獲得することができます。一般家庭で使うPCでは競争に勝てないため、複数のコンピューターが力を合わせて計算を行うマイニングプールに登録することで山分けの報酬を受け取ることができます。

Proof of Stake(PoS)は、トークンの保有数や使用量の多いコンピューターが承認権を獲得することができます。一度大量にトークンを保有できれば、その後の承認権が獲得し易くなり、安定して報酬を得ることができます。トークンの大量保有者はトークンの価値を下げる行為はしないという信頼のもと、悪用されにくいと考えられています。

仮想通貨には、コンセンサスアルゴリズムの性質を悪用した51%攻撃という不正行為があります。

51%攻撃とは、取引が51%の承認により成立する仕組みを利用し、個人または組織が意図的に承認権を独占し、不正に取引を操作する行為です。いくつかのコインが過去に51%攻撃を受け価値を大きく下げています。
PoWでは、計算能力が高いコンピューターが有利であるため、資金力のある組織が強力なコンピューター群を稼働させることで、51%攻撃が可能となります。

対するPoSでは、51%攻撃が起こりにくいと言われています。PoSでは、トークンの大量保有により承認権を独占できるわけですが、51%攻撃を行うと、トークンの信頼が無くなり、確実に価格が下落します。PoSは、むしろ承認権の独占を許容することで、独占者が自らの損失になることはしないという“正常な”行動心理が働くことを期待して成立しているのです。

ディークレッドの2段階承認と意思決定投票システム

世の中のシステムの多くは、各セクションが正常に動作することで成立しています。先ほど説明したPoSもユーザーが正常な判断ができれば51%攻撃は起こり得ません。

しかし、自分が破滅したとしてもシステムをめちゃくちゃにしてやりたいというユーザーがいないとは限りません。または、大損害を被ったとしても救済してくれる第三者がいる場合も考えられます。

これらの予測不要であるが起こりうる事象について、ディークレッドはPoWとPoSの両方を採用し2段階承認を行うともに、柔軟に対抗措置を取れるようユーザーによる投票システム“Politeia”を取り入れています。

PoWとPoSの二段階承認

ディークレッドで行われる取引は2段階の承認で処理されます。

1段階目は、PoWで選出された承認者による取引の承認が行われます。承認された取引はまとめられてブロックを生成します。
2段階目は、PoSで選出された承認者によるブロックの承認が行われます。

2段階の承認を経て、はじめて取引が成立します。どちらかで取引が不正であると判断され、承認を拒否されると取引は成立しません。

正常でないユーザーがトークンを大量に保有しPoSで承認権を獲得しても、1段階目のPoWで承認された取引を操作できるだけです。

これにより不正な取引が成立する可能性が十分低くなり、安心して保有・使用できるトークンになります。

ディークレッドのPoSは、保有数に応じて獲得できるチケットを投票し、集計した中からランダムに選ばれたチケットの所有者が承認者として選出されます。

単純に保有数で承認者が決定するわけではないので、より取引の安全性が高まっています。

ガバナンスを支える投票システム”Politeia”

ディークレッドの投票システム”Politeia”は、意思決定にも利用されます。

開発・運営方針決定や機能変更の必要があった場合、提案の決議をユーザーによるチケット投票により行います。DCRトークン保有者は、チケットを投票することでプロジェクトの方針決定に関与することができます。

この投票システムを”Politeia”といい、ユーザーの投票によってユーザーの意思が反映された方針決定をすることができます。

ディークレッドが何らかの攻撃を受け、対抗措置として何らかの制限もしくは新機能を加える必要があった場合は、Politeiaによる決議のもと実行されます。

これは、柔軟な変更によるスケーラビリティの確保、意見の対立によるハードフォークの回避が期待されてます。

ディークレッドは他通貨と直接交換可能

ディークレッドはアトミックスワップという他銘柄と直接取引ができる機能を搭載しています。

他銘柄と取引を行う際は取引所を介する必要がありましたが、アトミックスワップによって第3者の仲介がなくても安全に交換することができるようになりました。

交換に対応している通貨は、BTC,LTC,VTCなどです。

ディークレッドの将来性

ディークレッドは、開発方針がユーザーによる提案と投票により決定する性質上、将来像が流動的で確実なロードマップがありません。

業界の状況にあった開発が行われることが期待できますが、ユーザーが積極的にかかわる環境になっていることが必要条件です。

ユーザーの積極性については、過去に十分な投票が行わず、方針が決まらない状態になった経緯もあることから、不安要素となっています。

ライトニングネットワークの実装が予定されており、将来の取引量増大に向けて、取引速度低下、手数料高騰などのスケーラビリティ問題へは対応する姿勢を見せています。

ディークレッドのまとめと評価

ディークレッドの2つのアルゴリズムが既存の問題に対してどれだけ効果を発揮するかがポイントです。

51%攻撃は、取引量が少ない通貨ほど攻撃を受けやすくなります。

取引量とユーザー数は比例関係にありますが、ディークレッドはユーザー投票が行われず機能停止の危機に陥った過去があり、ユーザーの積極性が懸念されています。

ユーザーの投票システムを採用しているほとんどの通貨では、ユーザーの積極性の低さが常態化しており、人気通貨EOSでさえ投票率は30%を切っています。

投票が行われないということは、取引の承認が行われない、開発方針が決まらず開発ができないということです。

外部からの攻撃に加え、内部からの崩壊する可能性があることに注意しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る