Holochain(HOT/ホロチェーン)の概要と詳細を徹底解説|アプリ進化の多様性を重視した革新的なプラットフォーム

Holochain(HOT/ホロチェーン)の概要と詳細を徹底解説|アプリ進化の多様性を重視した革新的なプラットフォーム

ホロチェーンは、コミュニティの意思決定プロセスを本質的に変える革新的なアルゴリズムを搭載しています。

非中央中堅でありつつもマイニングの独占などにより権力の偏りが生じているビットコインに対し、ホロチェーンは、各小規模グループの分散学習による自由進化にコミュニティの意思決定を委ねています。

よって、取引処理能力に上限はなく、スケーラビリティを含むすべての問題はグループ各々の対応により解決へと導かれ、コミュニティに共有されます。

開発中のホロチェーンアプリ”Holo”は、既存のウェブサイトをホスティングすることで、未使用コンピューターの容量を貸し出すことができ、手数料もごくわずかです。

ホロチェーンの意思決定アルゴリズム

ホロチェーンの意思決定プロセスは、既存のアルゴリズムとブロックチェーンを活用した意思決定プロセスと本質的に異なり、小規模グループの分散学習による自由進化がコミュニティ全体の意思決定になります。

現行意思決定アルゴリズムの問題点

現状、ビットコイン等に採用されているアルゴリズムPoWでは、資金力を持った組織がマイニングを独占することで、非中央集権ではあるが権力の偏りが大きくなり、意思決定に一極の意思が採用されやすい状態です。

イーサリアムが採用予定のPoSや、EOSが採用しているDPoSも、PoWの課題を解決するアルゴリズムですが、それ特有の課題が散見しています。

これらの意思決定に関する課題は、スケーラビリティ等の問題に的確に対応することができず、利便性を著しく低下させハードフォークを引き起こすなど、価格の不安定化、信頼の失墜を招くこととなります。

これらに共通するのは、「意思決定をする個人を選出している」ことです。

また、ホロチェーンのホワイトペーパーでは、ブロックチェーンについて、ビットコインを例に自由な進化が抑制されたスケーラビリティに対応できないシステムと説明しています。

ビットコインの場合、マイニングノードが、異物を含んだ膨大なトランザクションの中から1ブロック分のトランザクションを選ぶ方法を理解していることが問題であり、それがすべてのノードに共有されている。一つのノードによる処理方法が最適解と認識され、それがスケーラビリティ上の制約となりつつある。

―ホロチェーンホワイトペーパーより

ホロチェーン代表マシュー・シュート(Matthew Schutte)氏は、これを”出来事の観点の統一化”であり、”中央集権型で一つの真実を決めるシステム”とし、ブロックチェーン技術が拡張性の問題を抱える原因としています。

これに対して、プログラムソースの分散型管理システムGitの意思決定モデルを紹介しています。

Gitは、すべての開発者が自由ににソースコードをローカルで変更できる。変更したコードはエージェントに通知され、バグなどの問題がないか検証したあとにプログラムへ統合される。

ーホロチェーンホワイトペーパーより

ホロチェーンの意思決定プロセスは、Gitにおける”開発者毎に行われるソースコードの自由改変”と”エージェントによる検証”に共通する部分があります。

ホロチェーンが目指すエコシステム

ホロチェーンが目指すのは、「各ノードがチェーンの制約に制限されることなく独自に進化を遂げ、その独自性を保ったままチェーンのシステムに参加できる」エコシステムです。

ブロックチェーンを含んだ既存のシステムは、情報の形が制約され使用者がそれに合わせた手段を用いることで情報伝達が行われる「ネットワーク」でした。

ホロチェーンのシステムは、情報の形の制約をなくし、情報が使用者に合わせて形を変換しながら伝達される「エコシステム」の概念に基づいています。

ホロチェーンが目指すエコシステムの概念を、マシュー氏は、細胞の「Immune Response(免疫反応)」を例に挙げて説明しています。

まず、「脅威に対抗する」こと。
そして、ほかの細胞に「それを知らせる」こと。
「ヘイ、ここに問題があるよ」っていう感じですね。笑
ほかの細胞はそれに気が付き、脅威への処置が行われ、他の細胞に十分に知れ渡るまで続きます。
このような免疫反応では、「各々」の細胞が、状況を「各々の観点」から察知し、そして「各々で判断」した上で行動をおこし、ほかの細胞と「情報共有」します。
これは、非常に適応性の高い仕組みなんですよ。

―Holochain代表が語る「世界中の人々が呼応する近未来のエコシステムについて」より

ここでいう細胞とはホロチェーンの各ノードに当たります。

また、機能別に集合した細胞群は、少数ノードにより形成されたノードグループといえます。

DNAはホロチェーンのシステムであることを定義した規則です。

ホロチェーンのノードは、脅威に対抗するため独自に行動し、ノードグループはその経験と独自のルールに従い進化します。

独自に進化を遂げつつも、ホロチェーンのDNAを含んでいるため、ホロチェーンのシステムとして参加し続けることができます。

 

脅威に対抗する細胞間での情報伝達は以下のようになります。

1.細胞同士(各ノード)が脅威の発見を共有し、個々に脅威に対抗し始める
2.細胞群(ノードグループ)が細胞の行動を共有し、脅威に対して効果的な行動をとれるよう進化(グループルールの再定義)
3.人体(コミュニティ全体)が、脅威に対して最も有効な進化(ルール)を全体に共有させる

 

このように「脅威を排除する」という情報の本質的な部分を保ちつつ共有する情報の形を変えることで、大規模コミュニティの意思決定は目的に対して的確なものとなります。

これがホロチェーンが目指す大規模コミュニティの意思決定のエコシステムです。

各ノードが学習したデータを保管し共有、利用するかしないかは各々が決断し成長する仕組みは、「ホログラフィック・ストレージ(Holographic strage)」といわれています。

ホロチェーン代表マシュー・シュート氏は、ホログラフィック・ストレージを「私たちが文化や言語を形成する自然が生み出した仕組み」と表現し、次のように説明しています。

ちなみに、「言語」や「文化」はホログラフィックストーレージを使用しています。
言語は辞典に保存されているわけではなく、それぞれの人の脳にありますよね。
これが、言語が適応性に優れている理由です。
新しい言葉がどんどん生まれ、人々はその言葉を使うか・使わないかの選択ができます。
文化も同じです。文化は、人々がどのように行動するべき・しないべきかというもので、それぞれの人の脳に存在します。
もし、ある風習に反対する人は新しいことを試し、それに賛同する人々が続きますよね。
こうして社会全体が成長していきます。

―Holochain代表が語る「世界中の人々が呼応する近未来のエコシステムについて」より

ホロチェーンでできること

ホロチェーン上であればどんなアプリもその規則(Twitterの文字数制限のような)を改変・作成可能です。

但し、アプリの本質的な役割(Twitterのメッセージ機能)を覆さない範囲でです。

規則を改変・作成したアプリに対してユーザーは、使用する、使用しない、そしてさらに改変するという権利が与えられます。

どんなに規則を改変してもユーザーに浸透しなかったアプリは、使用されなかった規則としてデータベースに保存されるだけです。

しかしそのようなユーザーに選ばれなかったデータでも学習データとして価値を与えているのがホロチェーンの面白いところです。

規則の自由改変により改悪されてしまったアプリも、独自進化を遂げた結末として破棄されるのではなく、学習データとして蓄積されます。

 

現在人気を博しているFacebookやTwitterなどは間違いなく中央集権的なアプリといえます。

ユーザーはFacebookが制約したルール上でコミュニケーションを行い、Twitterは140文字以内という制約があります。

もしユーザーがこれを不便だと思い、改良しようとしても変えることはできません。

新たに開発しようとしても莫大な費用が必要です。

”進化のポテンシャルを持ちながら中央集権的な制約によって押さえつけられている、アプリ開発にとって不自由な現状を覆し、本当にユーザーにあったアプリを開発する”

これがホロチェーンの分散型システムにより可能となります。

開発中のアプリ”Holo”について

現在開発中のホロチェーンで起動するアプリ”Holo”は、パソコンの未使用領域を大衆のウェブサイトへ貸し出すことができるアプリです。

貸し出しに対する支払いは「HoloFuel」という仮想通貨で支払われます。

HOT基本情報



手数料は1%未満、visaの25万件/秒を遥かに上回る取引速度を持ちます。

しかし、これは現状の性能に過ぎず、意思決定プロセスにより変更可能です。

”AからBへ送金すると同時にBからCへ送金する”というスマートコントラクトを実装することも可能で、実質取引処理能力に上限がないとも言えます。

ホロチェーンの評価とまとめ

ここまでをまとめると、ホロチェーンは、

各アプリが自由に進化を遂げながらも、情報を共有するエコシステムを構築することで発展し続けるプラットフォーム

となります。

ブロックチェーンでは、チェーンが分岐することはそれぞれの関係がなくなることを意味します。

イオスやテゾスなどは、合意形成を円滑にする事でチェーンの分岐を回避し、安定的に成長していくようになっています。

ホロチェーンは全く違う考えで、自由に規制を変更できることでチェーンの分岐を促し、進化の過程をデータベースに蓄積、学習しながら成長していきます。

アプリ開発者にとって自由な開発改良行為が認められることは、ホロチェーン参加への大きなインセンティブとなるでしょう。

2019年1月にウェイス・レーティング者が発表した、2019年の有望株にホロチェーンが挙げられ価格が上昇しています。

非ブロックチェーンの革新的なプロジェクトとして、世界が注目し始めています。

時価総額の上位に迫る日もそう遠くはないのではないでしょうか。

通貨解説カテゴリの最新記事