Tether(USDT/テザー)の概要と詳細を徹底解説|米ドルに価格固定されたステーブルコイン

テザーは、価格が1ドルに固定(ペッグ)されたステーブルコインです。通貨単位はUSDT

仮想通貨の特徴である大きなボラティリティがなく通貨として使用しやすいのが特徴です。

Proof of Reserveという新規発行システムを採用し、1USDT=1ドルとなるよう保証しています。

海外大手取引所では基軸通貨として扱われ、仮想通貨取引には欠かせないものとなっています。

TetherLimited社の中央集権的なコインであることに注意が必要です。

テザーとステーブルコインの利点とは

ステーブルコインとは、価格変動が少なく価値が安定したコインを指します。

テザーが発行するUSDTは、価格が1ドルに固定されています。ドルの価格が下がればUSDTの価格も下がりますが、仮想通貨のボラティリティに比べれば小さな変動でしかないため、価格が安定しているといえます。

法定通貨としてのドルは、世界一安定した通貨であり世界中で取引されています。仮想通貨におけるステーブルコインも同様で、仮想通貨間取引では、ステーブルコインを介した取引が多く行われおり、ほとんどの取引所では基軸通貨として扱われています。

ステーブルコインは送金目的でも大きな利点があります。

仮想通貨は、銀行などの金融機関を介することなく、個人間での送金が可能です。これにより法定通貨では実現できなかった以下の項目が可能となります。

銀行口座を持たない人へ送金が可能
国際送金をする場合、送金処理が早く手数料が安い
24時間ネットがつながれば送金可能

テザーUSDT基本情報

通貨単位USDT
開発者-
運営元Tether Limited
発行上限無し
発行システムProof of Reserve(PoR)

USDTが1ドルに固定される仕組みは、USDTの発行システムが担っています。

テザーのアルゴリズムProof of Reserve(PoR)とは

新規発行システムProof of Reserveは、Tether Limited社がドルを入金することで新規USDTを発行します。

入金されたドルはTether Limited社自身が保管します。流通しているUSDTと保管しているドルを同じ量にすることで1USDT=1ドルを維持しています。

Tether Limited社が保管しているドル数は毎日公表されています。一見安定した価格が保証されているように見えますが、Tether Limited社がPoRを適切に運用していることに対する疑惑の目が向けられています。

Tether Limited社の疑惑

TeherLimited社には重大な疑惑が複数あり、現在も捜査中です。

結果次第では、USDTが無価値になる可能性もあり、市場全体にも影響しかねない重要な話題です。

疑惑①発行したUSDTに相当するドルを保有していない

TetherLimited社は、ドルの保有数を毎日公開していますが、どこから調達したドルなのかは明らかにしていません。資金の流れが不明瞭ななか、2017年3月にウェルス・ファーゴ銀行との提携の解消が発表され、USDTの発行に必要なドルの確保に対する不信が生じました。TetherLimited社は、それ以降もUSDTを発行し続けますが、2017年12月にブルームバーグが”TetherLimited社のドル保有数詐称疑惑”を報道したことでTetherLimited社への不信が顕在化しました。米商品先物取引委員会(CFTC)からの償還命令が出され、監査を受けることになりますが、監査は中止され、監査内容は公表されておりません。ブルームバーグの独自調査により、ある月の発行されるUSDTと保管されるドル数の一致が確認されていますが、正式な監査報告ではないため、完全に疑惑が晴れたわけではありません。

疑惑②BTCの価格操作に関与

2018年1月に、過去の取引データからTetherLimited社と仮想通貨取引所BitfinexがBTCの価格操作を行った形跡があるとする分析レポートが発表されました。このレポートで明らかにされた”USDTが新規発行された2時間以内にBTC価格が上昇している”ことを根拠に、”TetherLimited社は、ドルを入金せずに発行したUSDTをBitfinexに送金し、BTCを購入しているのではないか”という疑惑に発展しました。これに関しては、米司法省が捜査を行っています。

テザー疑惑に関する出来事を以下にまとめました。

2017年3月、Tether Limited社は米国内の顧客と台湾の銀行の送金を仲介していたウェルス・ファーゴ銀行との提携を解消しました。TetherLimited社は取引先の銀行を公表しないため、公開されているドル保有数への不信につながりました。当時のドル保有数は5000万ドルでした。

2017年12月、ブルームバーグでTetherLimited社のドル保有数の詐称疑惑が報道されます。この時点でドル発行保有数は8億1400万ドルです。取引先の銀行が公表されないままUSDT発行数が10倍以上となったことで、”TetherLimited社はドルを保有せずにUSDTを発行しているのでは”という疑惑が広がりました。

同月9日、TetherLimited社は、米商品先物取引委員会(CFTC)から召喚命令を受け、監査法人フリードマンLLPによるドル保有数の監査を受けることになりました。

2018年1月、USDTとBTCの取引データからTetherLimited社と仮想通貨取引所Bitfinexとの関係を示す分析レポートが発表されました。このレポートで明らかにされた”USDTが新規発行された2時間以内にBTC価格が上昇している”ことを根拠に、”TetherLimited社は、ドルを入金せずに発行したUSDTでBTCを購入しているのではないか”という疑惑に発展しました。

同月、TetherLimited社が監査法人フリードマンLLPによる監査を中止しました。監査結果は報告されず、市場の不安は依然取り残されたままでした。

2018年2月、6010万ドル分のUSDTを新規発行。

2018年3月、3億ドル分のUSDTを新規発行。

2018年5月、2億5000万ドル分のUSDTを新規発行。総発行数25億USDT。

2018年6月、2億5000万ドル分のUSDTを新規発行

同月14日、”2017年のBTC価格高騰はTetherLimited社の価格操作”とする論文が公開されました。TetherLimited社CEOはこれに反論し、”TetherLimited社及びBitfinexはいかなる市場・相場操縦にかかわったことはない”と発言しました。

2018年8月、5000万ドル分のUSDTを新規発行

2018年10月、TetherLimited社の不信の影響がUSDT価格へ影響し始めます。他のステーブルコインが流通し始めたことで、資金がUSDT以外に流れ出しUSDTのドミナンスが低下し始めました。

2018年10月24日、TetherLimited社が、5億USDTの買戻しを発表しました。目的は明らかにされませんが、信用を失いつつあるUSDTの償却処分であるとの予測も出ました。

2018月11月18日、TetherLimited社は、バハマに拠点を構えるDeltec Bankとの提携を発表しました。同銀行には十分なドルが保管されているの文書を公表しました。しかし、同銀行がマネーロンダリングに関与した疑いが浮上し、操作が始まりました。

2018年11月、ブルームバーグが、”米司法省がTetherLimited社のBTC価格操作の疑いを捜査している”と報道しました。

2018年12月18日、ブルームバーグが、”TetherLimited社はUSDT発行額相当のドルを保有している”と報道しました。過去に発表されたのUSDT流通量とドル保有数が一致していることが確認されました。なお、これはブルームバーグの独自調査であり、正式な監査報告ではありません。CFTCの捜査の進捗も明らかになっていません。

テザーのまとめと評価

ステーブルコインの有用性は認められており、ドルベッグコインのTUSD(TrueUSD)や、ニューヨーク州規制当局により承認されたGUSD(GeminiUSD)等があります。

これら後発のステーブルコインはUSDTと大きく差をつけていますが、テザー疑惑の結果によっては、シェアが逆転する可能性もあります。

TetherLimited社がテザー疑惑をどのように着地させるかがUSDTの今後を決めるでしょう。

日本におけるステーブルコインについては、UFJ銀行が発行する日本円にペッグした「Coin(コイン)」が慈雨用化へ向けて開発が進んでいます。

今後も増え続けるステーブルコインとどのようにUSDTを差別化していくかが、ポイントとなりそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る