リップル(XRP/エックスアールピー)の解説|銀行と提携し世界を網羅する高速送金システム

リップル(XRP/エックスアールピー)の解説|銀行と提携し世界を網羅する高速送金システム

リップルは独自トークンXRPを利用することで、 国際送金の高速化を目指しています。

明確な目標強力なプロジェクトメンバー、技術的課題に対する開発への期待、特に銀行への技術的アプローチが高く評価され、時価総額ではイーサリアムと並び2位にランクインしています。

構想自体は2004年とビットコイン誕生よりも古く、ビットコインの分散型システムを参考にしながら開発、改良を重ねた独自の分散台帳「XRP Ledger」と、独自の承認方式「XRP Consensus」を採用しています。

リップルが掲げる最終的な構想「価値のインターネット(Internet of Value)」は、”価値が情報のように瞬時に交換できる世界”です。

 

リップルが掲げるInternet of Value(価値のインターネット)構想

リップルは、国際送金分野を含めた最終的な構想として、「Internet of Value(価値のインターネット)」を掲げています。

これは、現在の情報交換の主流プラットフォームとなってるインターネットに、価値の交換機能を持たせることです。

インターネットの普及により、好きな時に好きな情報を取得できる時代になりました。

情報のように無形のモノ、電化製品や車などの有形のモノ、さらには株や証券といった資産など、様々なモノがインターネットに繋がることで、本来持っていた価値に新たな価値が備わろうとしています。

これらの価値が正しく評価され、瞬時に交換できれば、ビジネススタイルやライフスタイルはさらに発展するでしょう。

リップルは、有形無形に関わらず全てのものに備わる価値を数量化し、地理的、時間的制約なく交換できる世界を作ろうとしています。

これには、他通貨間送金時のブリッジ通貨としての役割やマルチペイメント機能を持つXRPが非常に重要となります。

 

XRP基本情報

通貨単位XRP
開発Ripple.inc
発行上限100,000,000,000XRP
承認方式XRP Consensus

発行上限は1000億枚、全て発行済みで、今後発行数が増えることはありません。XRPは、リップル社が提供する国際送金ネットワークシステム「RippleNet」において、送金を高速化するために開発されたトークンです。

取引は独自の分散台帳「XRP Ledger」に記録され、取引の承認方式は、独自のプロトコル「XRP Consensus」を採用しています。

XRPLedger

XRPLedgerは、ビットコインで言う所のブロックチェーンに該当する分散型台帳です。

XRPの取引記録はXRPLedgerに保存され、利用者に共有されます。

取引記録の改ざんが行われても、他の利用者が保有している取引記録との比較により整合性がないことが一目瞭然なため改ざんを検出しやすい=不正が起こりにくい、となります。

XRPConsensus

XRPは、独自の承認方法である「XRP Consensus」を採用しています。

バリデーター」という承認者が承認作業を行い、取引記録をXRPLegerに記録します。

バリデーターは「不正をしない」という信頼のもとリップルにより選任され、承認作業を行います。

よって、PoWのような承認権を得るための計算は必要ないため、取引を高速に処理することができます。

取引には手数料として少量のXRPが必要ですが、バリデーターへの報酬ではなく手数料として徴収された時点で消滅します。

よって、XRPの流通量は徐々に減少していく設計になっています。

XRPConsensusの分散化を向上させるため、今後のバリデーターの選任は信頼されるバリデーターにより選任されるようになる、と公表しています。

ブリッジ通貨

XRPは、XRPLedgerとXRPConsensusに基づきブリッジ通貨、マイクロペイメントの機能を持ちます。

ブリッジ通貨とは、送金元通貨の価値を保存し様々な通貨を交換できる通貨です。

例えば、日本とほとんど取引のない途上国に現地通貨を送金する場合、通常は現地と取引のある銀行を探すことになるので送金に時間と手数料がかかってしまいます。

ブリッジ通貨を送金に使用することで、現地通貨と取引のある銀行を探す必要がなくなるため時間とコストを削減できます。

XRPは、XRPLedgerにより様々なネットワークを繋ぐブリッジ通貨として利用されます。

マイクロペイメント

マイクロペイメントとは、1円や1セントまたはそれ以下などの小額の支払いを可能にする仕組みのことです。

XRPは、XRPConsensusにより手数料が非常に安いので、マイクロペイメントとして利用しやすいのです。

Ripple社は、XRPをマイクロペイメントとしてWebマネタイズに利用するプロジェクト「Coil」をサポートしています。

Coilは、Ripple社の元CTO(最高技術責任者)のステファン・トーマスが指揮を執る新しいプロジェクトで、ウィキペディアやYouTube、Twitchなどのサービスで投げ全や寄付等の収益化ができるようになります。

XRPのブリッジ通貨としての機能を併用することで、通貨以外の収益を得られるようになることが予想されます。

 

XRPLedger開発の経緯

現在のRippleの主力技術であるXRPLedgerは、2011年に考案された「Consensus Ledger」というプロトコルが元になっています。

それ以前にプログラマーのライアン・フッガーが考案した決済プロトコル「Ripple」があり後の社名となっています。

RippleはIOUという電子的な手形を取引することで、送金に係る手間と時間を大幅に短縮できるシステムでした。

Consensus Ledger

2011年にプログラマーのジェド・マケーレブがビットコインの技術をもとに考案し、デイビット・シュワルツ、アーサー・ブリッドと共にConsensusLedgerの開発を進めました。

2012年クリス・ラーセンが合流し、ライアン・フッガーに代わりRippleプロジェクトを指揮することになりました。

RCL(Ripple Consensus Ledger)

ビットコインコミュニティのリーダーの一人、ステファン・トーマスによりConsensus Ledgerに改良が加えられ、現在のリップル送金システムの前身であるRCLが誕生しました。

RCLは、IOU(電子手形)の取引をXRPで行うことで、同一取引所内のみだったIOUの取引を、取引所をまたいで行えるようになりました。

また、すべての取引は公開され、だれでも見ることができました。

リップルはRCLを銀行に売り込みますが、どこからどこへいくら送金したかが誰でもわかってしまうシステムは銀行側に都合が悪く、不採用でした。

そこでステファン・トーマスらはRCLの秘匿性確保の基礎構造となるILP(InterLedger Protocol)を開発します。

ILP(InterLedger Protocol)

ILPは、あらゆる台帳(レジャー)を相互に繋ぎ、送金情報の暗号化を行う標準規格として開発されました。

具体的には、銀行のネットワーク、RCLのネットワーク、その他の送金ネットワーク等を制限なく接続し、利用者のニーズに適用できる自由で安全な送金ネットワークを構築する、ことができます。

リップル社の元CTOステファン・トーマス氏はILPを以下のように説明しています。

「グローバルネットワークを作るわけではない。ネットワークのネットワークをつくろう」というものです。抽象的なネットワークの上に多層のオーバーレイネットワークが構築されます。そして我々は、世界中の金融システムがそれぞれ異なる台帳間で通信し、お互いにトランザクションを送り合うことのできる分散型プロトコルが作れるのではないかと気が付きました。それがInterledger Protocolです。

ILPでは、各ネットワークの間に存在する「コネクター」と呼ばれる中継機関が、送金要求(例えば円からドルへの送金)を処理することで、送金元から受け取り先のレジャーへ送金することができます。

送金情報は「暗号エスクロー」という機能により外部から見えなくなります。

コネクターは作業を自動化でき、送金の高速化を実現します。

RCLとILPを統合することで、XRPの暗号通貨技術を併用し、世界各地の銀行に簡単かつ安全に国際送金を行うことが可能となり、名称がXRPLedgerとなりました。

RippleNet

銀行や企業がXRPLedgerでつながることで国際送金の高速化と低コスト化を実現する構想が「RippleNet」です。

RippleNetは「XCurrent」「XRapid」「XVia」の3つのパッケージで構成されており、導入のニーズに合わせて使い分けます。

XCurrent(銀行向け)

XCurrentは、国際送金において送金銀行と受け取り銀行の異なる口座を直接つなぐシステムを、銀行への導入を想定してパッケージングした送金ソリューションです。

<現状>

国際送金をする場合、送金銀行と受け取り銀行の間に、複数の中継銀行(コルレス銀行と呼ばれます)を経由する。

中継するコルレス銀行が多くなるほど送金手数料は高くなり、送金が完了するまで金額がわからない。送金自体失敗する可能性もある。

<導入メリット>

送金銀行と受け取り銀行が直接つながることで、手数料の大幅な削減、送金時間の大幅な短縮と、送金プロセスの可視化を可能とする。

XRapid(送金業者向け)

XRapidは、国際送金をXRPで行うシステムです。

<現状>

途上国など金融機関が整っていない地域への国際送金は、現地通貨口座への送金が可能な銀行が少なく、即時に対応できないこともある。

このため、1つの現地通貨口座に対して複数の送金口座を準備する必要があり流動性コストが高くなる。

<導入メリット>

2通貨間の送金を行う場合、XRPをブリッジ通貨として行う。送金元通貨の価値を変換したXRPを現地通貨口座に送ることで、現地への送金を可能とする。

複数の現地通貨口座を開設する必要がないため、流動性コストの削減か可能となる。

XVia(一般企業、個人向け)

XViaは、一般企業とRippleNetを接続し、請求書などの豊富な送金情報を送信できます。

<現状>

現行の送金ネットワークはブラックボックスであり、他のネットワークと連携することが難しい。

<導入メリット>

RippleNetに参加していない企業でも、RippleNetのネットワークを利用することができ、他ネットワークを跨いだ送金も可能となる。

 

リップルとの提携機関

リップル社と提携している銀行・企業は200社以上、これには中央銀行であるイングランド銀行サウジアラビア通貨庁(SAMA)が含まれています。

日本国内の提携銀行は、三菱UFJ銀行をはじめ、地方銀行やネット銀行等が名を連ねています。

これほど多くの企業と提携しているプロジェクトはほとんどありません。

銀行のニーズを汲み取った開発努力と、開発と様々なユースケースに導入を可能にしたRippleNetにより順調に提携先を増やしています。

また、銀行は性質上、現行のシステムに変更を加えることには慎重にならざるを得ません。

頭を縦に振らせるためには、高い開発力と同時に、影響力のある人物が必要です。

Ripple社の重要人物

Rippleには、経営及び開発に強力なメンバーが所属しています。特に金融業界への強いコネクションを持つ人物が多く、Rippleが銀行に採用される大きなアドバンテージとなっています。

ブラッド・ガーリンハウス<現Ripple社CEO・元Yahoo!上級副社長>

クリス・ラーセンの後任としてCEOを務めています。CEO就任前はCOO(最高業務執行責任者)を務め、元Yahoo!上級副社長の経歴を持ちます。インターネット関連企業の有力者として、リップルの構想「Value of Internet」を推し進めます。

 

デイビッド・シュワルツ<現Ripple社CTO・元WebMaster Incorporated CTO>

ジェド・マケーレブと共にConsensusLedgerを開発し、Ripple社の現CTO(最高技術責任者)です。Ripple関連のアップデート情報など、技術的なニュースを提供します。

 

 

クリス・ラーセン<Ripple社創業者・元CEO・IMFアドバイザー>

Fintech業界のカリスマ的存在であり、Ripple社の創業者です(創業時はOpenCoin)。2017年にRipple社の会長職へ退き、IMF(国際通貨基金)のアドバイザーに就任しています。

 

ステファン・トーマス<元Ripple社CTO・Coil Project創立者>

Ripple初期からの開発メンバーで、2018年5月にCTOを辞任し、XRPを用いた新たな収入モデルを開発する「Coil」プロジェクトを発足しました。

 

 

 

ジェド・マケーレブ<ConsensusLedger考案者・Stellar創立者>

仮想通貨取引所Mt.GOXの創業者、ファイル共有ソフトeDonkeyの開発者であり、ConsensusLedgerの考案者です。ライアン・フッガーからRippleプロジェクトの指揮権を譲り受け、2013年にRipple社を去るまでRippleのシステム開発に貢献しました。Ripple社を去ったあとは、キム・ジョイスと共にStellarを創立します。

ライアン・フッガー<”Ripple”考案者・Ripple社アドバイザー>

カナダのエンジニアで、決済プロトコル”Ripple”の考案者です。現在はリップル社のアドバイザーとして開発に携わっています。

 

 

アーサー・ブリット<Ripple開発初期メンバー>

ベンジャミン・ロースキー<現Ripple社取締役・元NYDFS局長>

ニューヨーク州の金融サービス局局長を経験しており、連邦および州レベルの法律、金融サービス規制のベテランです。仮想通貨の法人利用に関する規制を定めた”BitLicense”の作成に関わりました。

 

ゾーイ・クルーズ<現Ripple社取締役・元モルガンスタンレー共同社長>

金融に精通しており、影響力もあることからRippleの躍進に大きく貢献することが期待されています。金融業界の重役が仮想通貨に転身するパターンは最近多くなっており、ブロックチェーンが世界の資本市場に大きな影響を与えるとの認識が広まっています。

 

Ripple(XRP)のまとめ

 

リップルは人気が高く、保有している人も多いためTwitter等のSNSでは様々な情報を得ることができます。

一見便利なように見えますが、無意味に買いあおりをする情報も紛れ込んでいるため情報収集には注意が必要です。

XRPの本質的な価値が上がるためには、RippleNetを普及させ、XRPを利用した取引が世界中で行われることが必要になってきます。

リップルが初めて考案されてから約15年、ようやくXRapidを利用する銀行が誕生しました。

今後、提携銀行・企業が続々とXRPを利用した送金を開始、XRPの流動性が高くなるに従い価値の上昇も大きく見込めるのではないでしょうか?

通貨解説カテゴリの最新記事